2018年の手帳、なりたい自分になるツール

やることリスト
お問い合わせ 自己紹介 mokuji

なりたい自分に近づくために活用したい手帳

1年も折り返し、暑い夏がすぎれば秋冬年末。今年の正月にどんな目標立てたんだっけ?どんな自分になりたかったんだっけ?と思っているそこのあなた!もしかしたら目標を決めたことすら忘れてる人もいるかもしれません。曼荼羅チャートで目標を決めたもののなんとなくすべてがつながっていてなんとなくすべてが大事なことなんだけど毎日目標を意識しているかといったらマンダラチャートをブログで公開しただけで・・常に自分の目にふれるところに掲示していません。断捨離をする私もダイエットをする私も仕事をする私も子育てをする私も一人の私。もっとなりたい自分に近づくためのアイテム「手帳」を活用せねば!1年先の目標と1ヶ月先の目標。1日1日は、達成できなくても3日目に3日分終わらせることが出来るように毎日手帳を開いて活用する習慣を身につけたいと思いました。手帳を活用しているときは充実していると感じますが・・頭の中のぐちゃぐちゃとパソコンに向かうぐちゃぐちゃがブレンドしブログを書いていてもwebサイトを作っていてもとりとめがないかんじなのです。スケジュールを調整しながら段取りを良く仕事に取り組むためには、毎日の自分の時間を把握しておかなければいけません。成果を上げるために計画をたてて「やらなければいけないこと」「やるべきこと」の優先順位を決めなければいけません。目標達成のためのモチベーション維持のためにもも必要です。人付き合いで悩んだり困ったりしたとき自分の気持ちを整理するためにも手帳は活用できます。頭の中はアイデアで溢れているし時間には限りがある・・そこを上手く結びつけるためのツールが手帳なのだと思います。

やることリスト

どんな手帳が自分に合う手帳なのか?新しい手帳の選び方。

 

去年買った手帳は、2016年の9月始まりで2017年の12月まで使えるラコニックのバーティカルタイプです。方眼用紙のようになっているので自由度が高い私の性格との相性抜群です。ラコニックは、B6サイズとA5サイズがあり私が使っているのはA5サイズの「仕事計画」という名の手帳です。女性には小さい手帳が好まれるようですが、大きすぎない、薄くてかさばらない、持ち運んでも荷物にならない。重くない、バッグに入るサイズが条件になると思います。amazonでは、高橋の手帳がベストセラーになっていたしビジネス仕様ではモレスキン(MOLESKINE)とかクオバディス(QUOVADIS)がオシャレです。シンプルな手帳が好きな方には、クオバディス(QUOVADIS)やラコニック(LACONIC)。MARK’S DIARY(マークスダイアリー手帳)も人気です。女性の間で話題になっているのがロフトのワナドゥ!!手帳。趣味の手帳で旅行・映画・クッキング・スイーツ・仏壇・自転車・ガーデニング・花・バイクツーリング・ドライブ・釣り・ゴルフ・ワイン・ビール・紅茶・美術館・食べ歩き・そば・パン・カフェ・映画・演劇・演劇・歌舞伎・相撲・フェス・コンサート・筋トレ・DIY・ダイビング・カロリー・御朱印・野球・野球観戦・プロレス・子育て・読書・温泉・お土産・旅館・絶景・旅行・サッカー・テニス・ハワイ・日本酒・犬・猫・ヨガ・鉄道・メディカルダイアリー・資格・漬物・お城・小鳥・落語・写真など2017年3月の段階で75種類もあるそうです。こちらは1年単位ではなく何年もかけて作っていく自分仕様の本になる1冊です。

曼荼羅チャート

池田知恵さんの「朝活手帳」や「普通の主婦だった私が50歳で東大に合格した夢をかなえる勉強法」の著者安政真弓さんが使っていたのは、吉川弘文館の歴史手帳。ただ買って満足するのではなくどのように活用するかが大事なのだと思います。

手帳を活用した人が大金持ちになったという話。

1953年のハーバード大学で、目標と年収に関する調査を行っています。調査対象の1701年創立のYale University(イエール大学)。5人の大統領と49人のノーベル賞受賞者を輩出している世界最高峰の大学です。2017年は、14位に下がっていますが名門大学です。ちなみに以下は大学ランキングの結果です。

2016年大学ランキング

  • 1位(2位)イギリスのオックスフォード大学(University of Oxford)皇太子徳仁親王、皇太子妃雅子、秋篠宮文仁親王ら、日本の皇族の留学先として知られている
  • 2位(1位)アメリカのカリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)※Caltech(カルテック、カルテク、キャルテク)
  • 3位(3位)アメリカのスタンフォード大学(Stanford University)
  • 4位(4位)イギリスのケンブリッジ大学(University of Cambridge)
  • 5位(5位)アメリカのマサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology:MIT)
  • 6位(6位)アメリカのハーバード大学(Harvard University)
  • 7位(7位)アメリカのプリンストン大学(Princeton University)
  • 8位(8位)イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London, ICL)
  • 9位(9位)スイス連邦工科大学チューリッヒ校(Eidgenössische Technische Hochschule:ETHZ)
  • 10位(13位)カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)
  • 10位(10位)アメリカのシカゴ大学(University of Chicago)
  • 12位(12位)アメリカのイェール大学(Yale University)
  • 13位(17位)アメリカのペンシルベニア大学 (University of Pennsylvania)
  • 14位(16位)アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)University of California, Los Angeles
  • 15位(14位)イギリスのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(University College London:UCL)
  • 16位(15位)アメリカのコロンビア大学(Columbia University)
  • 39位 東京大学 日本
  • 91位 京都大学 日本

あなたはあなたの未来のために明確な目標を決め、達成するための計画を立てましたか?と質問したところ

  • 3%の生徒は、目標を持ち書面に書き計画を立てていた
  • 13%の生徒は目標は持っていたけれど書面に書かなかった
  • 84%の生徒は、目標すらない

と回答したそうです。10年後ハーバード大学で調査を行ったところ目標を持っていても書面に書かなかった13%は、目標すなかった84%の卒業生の2倍の収入を得ていたそうです。目標を持ち書面に書き計画を立てた3%の生徒は、他の97%の卒業生の10倍の収入を得ていたらしい。さらに20年後再び調査をしたところ3%の卒業生は大金持ちになっていたというので活用しない手はありません。人生の成功はお金が最終目標ではないけれど・・すべてにおいて目標を意識するのは大事なこと。

楽天手帳ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA