重いパソコン大掃除ハードディスクの断捨離&整理整頓でサクサク軽く

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

いよいよ年末、パソコン内(ハードディスク)も大掃除をしなければいけません。片付けられない女だった私は、デスクトップいっぱいにフォルダを置いていました。まずは、簡単に見える場所からざっくり片付けていきます。私は、デスクトップに置くのは2列以内と決めていますがもともと120個もありました。

フォルダアイコンの表示を「大」にすると「ヤバイ」状態を再確認できお尻に火がつきます。笑。

デスクトップに置くフォルダやファイルは、2列以内と自分でルールを決めました。パソコンの電源を落とす前に整理整頓する癖をつけておくと良いです。

 

あれからどうなった??

お片付けって「その後」が大事だと思いませんか??2列以内と自分で決めたので常に意識が働いていたものの根がずぼらなので気を抜くとファイルやフォルダが3列~4列に広がったこともあります。フォルダやファイルを置けば置くほど仕事の作業効率は、下がり集中力も低下します。パソコンの動作も安定しやすいので自分の適正量を決めてしまいましょう。私は、2列と決めても3列や4列にしてしまうので今は、「1列以内」と決めています。

デスクトップにフォルダを置かない

動画の編集は、 Adobe Premiere Elements9で行っていますが途中で動作が終了し「動作を停止しました」とたびたび終了しました。システムリソース(メモリ)不足が原因なのでパソコンの負荷を軽減します。→場合システム リソースが不足している場合の対処方法

デスクトップにフォルダを置くとシステムリソースと呼ばれるメモリーを消費するため引きづられて重くなってしまうようです。だから基本はフォルダを減らすのが有効です。Adobe Premiere Elements9は、デスクトップフォルダやファイルの数を少なくしても強制終了するためディスクのクリーンアップやでデフラグを行いました。ディスクのクリーンアップというのは、パソコン(ハードディスク)の大掃除(断捨離)のようなものです。まずは、捨てなきゃ始まりません。またディスクのデフラグというのは、断捨離した物たちをさらに分類したりカテゴリーで分けて整理整頓することです。この2つは、動作がモッサリ重いと感じたらとりあえず試しておく価値はあります。

ハードディスクを断捨離するディスクのクリーンアップ

定期的にデスクのクリーンアップをする。ディスクのクリーンアップというのは、一時ファイルの削除の仕方は、[スタート] → [すべてのプログラム] →[アクセサリ] → [システムツール] → [ディスククリーンアップ] を選択

 

基本、全部捨ててもいいみたいなので全部にチェック。全部断捨離しても何1つ困りません。

ハードディスクを整理整頓するディスクデフラグツール

私は、Windows 7ですが、ハードディスクのデフラグ(最適化)行う場合、自動でデフラグできるように【コントロールパネル】→【システムとセキュリティ】→【ハードドライブの最適化】→Windows 7(c)を選択し【ディスクの最適化】をクリック。このときスケジュールの構成をしておけば自動で最適化されるので非常に便利なのです。

マイピクチャも整理整頓しておく

マイピクチャのフォルダ数は、20個以内と決めて、13個まで減らしました。

マイピクチャのフォルダー数を20個以内と決めたので常に数を意識出来たと思います。今は、19個ありますが2016年分の写真フォルダは、まとめて外付けハードディスクに移動すればさらに少なくできそうです。

 

年末だ!マイピクチャ(写真)の整理整頓する

いよいよ年末が近づいてきたのでマイピクチャを外付けハードディスクにコピーしたり移動したりして整理整頓しました。マイピクチャ(写真)のフォルダの数は5つにおさまりました。

キッチンにリビング、玄関、トイレ年末にむけて少しずつ片付けるついでに?パソコン内のハードディスクもスッキリしましょうという話でした。

デスクトップパソコンなので据え置きタイプの外付けハードディスクを使っています。ノートパソコンだとUSBメモリが便利なのだと思います。データーの容量にもよりますがクラウドサービスも便利です。仕事で使う写真(画像や動画)も念には念を入れて整理整頓と保管は、必須。頑丈に見える外付けハードディスクの消耗年数は、3~4年。寿命がきてある日突然前触れもなく壊れます。あ・・カタカタくらいの音はしますが・・一度失ったデーターは、蘇りません。移動させたりバックアップを万全にしながらサクサク快適なパソコンライフをおくりたいですね。

外付けハードディスクドライブランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA