四畳半の汚部屋(ゴミ屋敷)お片付けビフォーアフター大公開(恥)

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

我が家には、4畳半の部屋があります。もともと長男の部屋だったものを今は、次男の部屋になっています。長男は、1番広い8畳間で広々と生活しています。次男に4畳半を明け渡した頃は、「わ~い部屋が出来た」と喜んでいた次男。100歳の曽祖母が亡くなったとき荷物を置くのに都合が良かったので何もかも置かせてもらったままでした。最近では、便利な納戸状態です。家族の中で1番チビで末っ子の次男は、気が弱くNOと言えない性格。家族みんな勝手に都合よく4畳半を使っていました。しかしあっというまに手狭になり目もあてられない状況になってきました。片付けないと!と思いながら腰が重くて・・笑。スボラな主婦なので仕方ないですよね?このままでは、お布団を敷くスペースもないしので重い腰をあげて片付けをしました。劇的ビフォーアフターになるか分かりませんが写真撮影したので公開します。

足の踏み場も無い~四畳半の汚部屋(写真で見るとリアルに散らかってるw)

4畳半には、わけのわからない物たちが山積みになっていました。透明ケースや衣装ケースが中途半端に場所をとります。タンスがあいていたので白い衣装ケースと蓋付き衣装ケースを断捨離することにしました。透明の衣装ケースは、防災グッズを入れるのに活用します。

4畳半

ゴミ屋敷にテレビカメラが入る映像を見たことがあります。「うわ~汚い」と思いますが似たようなものかな。あれよりマシかな。ホントにズボラ主婦だな私って・・恥。(*´∀`*)本当お金持ちならお手伝いさんに毎日お金を払ってでも片付けてもらいたいな~って思っているぐらい掃除が苦手です。ただ誰かに助けてもらったり手伝ってもらってキレイになっても、その後に維持キープ出来なかったら意味がありません。汚部屋ブログのゴミ屋敷の住民にも私は勇気をもらいました。ビフォーアフター写真を公開しないでどうする?ぐらいな勢いです。

4畳半ゴミ屋敷

リアルに「泥棒に入られたあとみたい」で恥ずかしい限りです。ただゴミ屋敷は、超汚れたビフォーがあるからアフターが引き立つというものです。ミニマリストなオシャレな暮らしには、程遠いですがその前段階っていうことで・・ご勘弁。

4畳半汚部屋

白い衣装ケースは、使う場所も無いし処分することにしました。洋服は、各々が着れる着れないを選択して着ないものは、処分。次男の部屋から別の部屋に荷物は、移動しましたが別の部屋も考えて収納したのでキレイさっぱりです。

4畳半

次男の部屋に置いていたタンスも移動することにしました。信じられないことに誰一人手伝いません。

4畳半汚部屋

仕方なく自力で移動させて後で暴れました。ったく糞みたいな旦那だよ・・四畳半の隅に置いていた防災グッズも見直しました。もうすぐ防災の日、グッドタイミングです。それにしても以前の状態だったら防災グッズの置き場まで移動できなかったと思います。

4畳半汚部屋

 

 

 

次男を掃除機をかけにきました。後ろに転がっているのは、地震が来た時に、非常食とかを入れて逃げるための各々のリュックサックです。片付けに1時間くらいかかってしまいました。タンスまで移動したので腰が痛いです。頑張ったな!!私。

4畳半掃除

そして何も無くなった四畳半・・えええ!何これ?ホントに家なの??っていいたいぐらいのスッキリかげん。なんだろう??ずっと汚い部屋を見るのもストレスで次男に片付けなさいよ~って言い続けて次男は「自分の物ないから片付けたくない」って言ってるし・・私が重い腰をあげなきゃはじまらなかったってこと??

何も無い4畳半

何も無い何も無いのに困らないことにビックリ

次男の部屋は、こうして何もない部屋になりました。しかし何も無くても困らないことにも驚きました。でも写真撮りながら片付けていくの楽しかったのでよかったです。汚部屋の住民ってレッテル貼られたって構わないわ!!過去は過去です。将来自分が死んだあとのことを想像してみて・・遺された家族から「ゴミみたいなもの残しやがって!金目のものないな」とか言われないようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA