ビリビリに破れた襖(ふすま)をウォールシートでリメイクDIY

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

お天気が良い朝、お布団を干していたら突然DIYと断捨離のネ申がおりてきました。普段は、だらだら・・もさもさしているのですが、時々いろいろなネ申がおりてきます。仕事のネ申がおりてくるときもあるし料理のネ申がおりてくることもあるけど、今日は、DIYと断捨離でした。ご飯を食べるのも忘れるくらいに片付けとDIYに没頭しました。着替えも化粧もしずに・・(すっぴんはいつものこと)夢中になっていたら途中で同級生の男子が家に立ち寄りました。用事があって立ち寄ったのですが、二度見されちゃいましたよ。

恥ずかしい・・鏡で見たら、二度見されるわなってww

おばさん通り越してもはやおっさんw

でも・・まぁいいか。見られてしまったらしょうがない。(生きて返すわけにはいかないぞ)

ビリビリに破れてしまった押入れをなおす

築20年のせいかあちこちガタがきています。襖も汚れビリビリに破けています。破れた時期は、覚えていないけど5年~6年は、放置していました。こういう空間にいると人間の心も荒みむようで夫婦関係も冷え切って寒々しいものになりました。・・このまま老後に近づいていきそうです。まさにリアルに昭和枯れすすき夫婦。襖を張り替えたいときは、ホームセンターにアイロンで貼るタイプの襖紙やシールタイプもあります。値段は、1000円くらいで1枚入りと2枚入りがあります。ホームセンターの襖紙は、「襖」=「和室」のイメージなのか種類が少ないし和室っぽいものが多いです。

破けた襖をウォールシートで修復

まず襖をはずして畳の上にドーンと置きました。襖用の引き手には、細かい釘がついており本来なら引き手をはずしてから張り替え1枚ペタっと貼って再び引き手を釘で固定するのが正式です。だけどズボラなので面倒なことはいたしません。っていうかできません。

意外と面倒な引き手の作業

襖引き手

以前、引き手をはずしたら上手く付けられなくなったこともあり今回は、引き手を外さずに作業をしました。引き手のまわりにあらかじめ同色同柄の襖紙やウォールシートを敷き詰めて貼っておきます。

テキトーに貼っていますが、あとからほとんど見えなくなる部分なのでテキトーで構いません。

襖DIY続いてウォールシートをベタベタ貼ります。ウォールシートは、90センチ幅なので端が、余ります。縦半分に切って作業をするとシワになりにくいです。縦に切っても境目が目立ちにくい縦柄模様を選んだので作業を二倍に増やして丁寧にしあげるか一発でベタっと貼るか?悩みました。

今回は一人で作業をしたので1枚張りに挑戦しました。最初は、襖の大きさに合わせてカットし裏のシールをはがして貼っていくだけなので簡単といえば簡単です。秘訣は、左右対照にシールをはがしていくことです。

襖リメイク

1枚完成しました。続いて見るも無残に破れまくった襖を張り替えます。

襖張り替え

2枚めの襖は、ベロンベロンの上に貼ったので仕上がりも若干雑です。3枚目は扉なのではずして作業ができません。直にウォールシートを貼っていくことにしました。

襖リメイク

直張りに挑戦!

寝起きの格好のままで失礼しますよww

襖張り替え

襖DIY

ようやく完成。一見問題なく仕上がったようですが・・左下の長さが足りませんでした。

襖はりかえ

_| ̄|○ il||li

襖

まさかの寸足らず・・

さすがつめが甘い。イイカゲンな性格がバレてしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA