掘っ立て小屋の解体before after

農機具
お問い合わせ 自己紹介 mokuji

写真を整理していたら以前の様子を写した1枚が見つかりました。去年の秋 裏の小屋を解体しはじめた爺さん。写真で見るとたった2枚のbefore after写真ですが78歳という老体で頑張って片づけています。下の写真は、エリックハラーというもみすり機で解体してリサイクル業者に引き渡すそうです。

農機具もみすり機

 

爺さんが建てた掘立小屋なので爺さんが解体したり処分するのが一番なんだけど病気をしていたり体力がなかったら、誰かに頼まなければなりません。健康なうちに行動にうつしていくことが素晴らしいなと・・私と旦那は、業者を頼んで解体するつもりだったので子供世代や孫世代の手を煩わせないために解体してくれているのは有難いことです。解体すると廃材も出るし・・そういうのを込み込みで処分してくれています。ありがたいことです。自分の家のお片付けの課題を見つけて次々と解体作業&廃材処分をしていくのは、楽しいものです。赤いトラクター

爺さんの激古トラクターは三菱ディーゼルMT18 4WD 。小林旭の燃える男の赤いトラクター~♪というCMを思い出す昭和な私。あれ歌詞3番まであるらしいですね?1978年のCMだそうです。youtube を見ながら歌っていたら旦那も横で歌っていました。同世代ですからね。笑。

三菱MT18 4WD 三菱ディーゼルトラクター耕運機

 

米作りを辞めることを決めたから耕運機も手放すことにしたようです。中古も中古。激古なので売るにも売れるかどうか農機具を扱っているところに一旦引き取ってもらいましたが売れなかったら、手数料を支払った上で自分たちで処分しなければならないようです。

春になったら爺さんの赤いトラクターともお別れです。赤いトラクターを処分したらトラクターを入れていた小屋も解体します。

解体スピードが早いのでブログ記事が追いつかないぐらいです。78歳なのにホント、パワフルな爺さんです。

家の周りの小屋を解体したら周りのご近所さんのお宅が写真に写り込んでしまうようになり一応ぼかすことにしました。(いまさら?)空きスペースが広くなったので家を1軒建てれそうなぐらいです。今まで覆いかぶしてごまかしていた家周りの小屋を壊していくことで整理整頓せざるを得ないんですよね。

これってダイエットと同じですよね。太っていると気になる部分(お腹とかお尻とか)隠したくなる・・・隠せば隠すほどどんどんお肉がついてたるんでくる・・もういっそのことビキニで歩きまわれば羞恥心でガリガリに痩せるんだと思います。ああ・・痩せたい・・でも食べたい・・お片付けもダイエットも緊張感がないと緩みますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA