モラハラ夫その後と車庫の劇的Before-After(後編)

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

曽祖母が寝たきりになったとき、旦那は知らんぷりでした。婆さんが、大便を漏らしまくっていたときも知らんぷりでした。介護のイライラが積み重なり夫婦仲は、最悪で離婚寸前だった2016年の年末。まぢ離婚しそうな状況でした。大型ゴミや不燃ごみを捨てに行くのをお願いするだけでも怒りまくりのキレまくりだったのです。自分の家なのに大型ゴミを捨てにいかされてるような態度でした。

モラハラ夫と介護離婚

介護経験がある同年代の女友だちに相談したこともありました。しかしすでに介護する家族は亡くなっているせいか同調してもらえず「介護は、休みがないからね・・」と片付けられてしました。欲しい答えなんて求めていないしただ聞いてくれるだけで良かったのに・・同年代だから理解できるわけではないし似たような家族構成だから必ずしも分かってもらえると思ったら大違いなんだなと思いました。自分より少し年上の50代の知人女性にも相談していたら「男と女は視野が違うからね」という話しになりました。男性と女性の脳の構造は違っているのだそうです。「話を聞かない男、地図が読めない女」という本だったと思いますが女性と比べて男性の大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)は、不活溌なんだそうです。いわゆる「男脳」「女脳」というので女性が周りとコミニュケーションをとりながら周りの感情や表情を読み取るのが得意なのに対し男性は、表情や感情を読み取るのが苦手なのだそうです。

男性は、表情や感情を読み取るのが苦手らしい。

女性(妻)が介護で疲れてイライラしてるのに何で怒っているのか理解できていない。気づいていないのだそうです。女性は、どうして自分がこんなに忙しく動き回っているのに協力してくれないんだろう?とか旦那が気づかないことい苛立ちを募らせます。たぶんいわなきゃわからないんでしょうね??

・・昨日は、別の女友だちとおしゃべりしていました。男脳、女脳は、たしかに存在します。でも女の人でも感情や表情に敏感な人もいればものすごく鈍感な人もいます。男の人でも同じで周りを察知する能力が優れている人とまったくボンヤリした人がいます。察知能力が優れた人の方がたぶんモテるんだろうけどボンヤリ男と結婚してしまったのは、自分なので・・・まあ仕方ない。笑。女性でも周りを察知できる人もいれば本当に鈍感な人がいてそういう人は、言って動ける場合と言ったら拗ねるパターンがいて面倒だよね・・という話しになりました。

脳の構造を理解すれば怒る問題ではなかったのかもしれませんが、あの頃はホント介護離婚ってあるんだなと思うくらい憂鬱な毎日を送っていたものです。私も変わったのかもしれないけど旦那も変わったので介護離婚を回避できたしだい。旦那が私に怒鳴り散らしていたのは、過去の話。(今も時々)車庫も全然片付けられなかったのに・・少しずつモノを片付けていくようになったので良い傾向です。

ヒステリックな旦那

旦那に「もう若くないし肝機能も弱まっているからビールを止めなくて良いけどアルコールの量を控えめにしたほうがいいんじゃない?その分、新しい車を買うために貯金でもしたら?」と提案しました。でもヒステリックに怒るんですね・・50歳を前に男の更年期っていうのかしら?年齢的なものなのかしらね。そばにいた娘が、「お母さんなんてビールもお酒も1滴も飲まないしタバコも吸わないよね」と助け舟を出してくれたものの逆切れしています。

私が楽天アフィリエイトポイントでおうちのものを買い揃えているのが面白くないらしくて・・俺にも使わせろ?とか言いやがり・・はあ?何言ってんの?の世界でした・・毎月10日に入る楽天アフィリエイトポイントは、家のモノや子供のモノ・自分の仕事で必要なモノを購入しています。現金で入金されるアフィリエイト収入は、ほぼ全額通帳に入金しているので文句を言われる筋合いはないと思うんですけどね。貯金も増えていっているので感謝してもらいたいくらいなんだけどな。

車庫

5年先10年先を見越して今を生きるのか?今日明日が良ければそれで良い旦那との価値感のズレを感じます。私をディスる旦那

これをモラハラと呼ばずに何と呼びべきか?「旦那育て」に悪戦苦闘。生まれたときから育てている子供の方が物分りが良い気がします。旦那は、婆さんに育てられて生きてきたから嫁が軌道修正しようと思ってもなかなか思い通りにならないものです。まっ・・でもなんとか楽しく生きていかねば!と思っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA