もしかして心が蝕まれてる?ゴミを放置する心理

閲覧注意
お問い合わせ 自己紹介 mokuji

我が家には、車椅子のおじさん(64歳)がいます・・私が嫁に来た頃は、普通に歩いていたし仕事もしていたのでお弁当は、私が作っていました。当時から婆さんは、まったく手伝ってくれず・・嫁という名の無報酬で働かなければいけないお手伝いさんやなと思っていました。車椅子のおじさんは、もともと病気がちで腸閉塞で何度も入退院を繰り返しています。今は、完全に車椅子生活で食事は一切摂れません。栄養は胃瘻(胃に穴をあけて底から栄養や水分を摂る)ようにしています。

部屋はキレイなのに車椅子のおじさんがゴミを放置する場所

在宅療養と入院生活と行ったり来たりの生活です。一応家族9人の同居ということになりますが、隠居は棟が違うこともあり嫁の私でも「片付ける」ことができずにいました。爺さんは、7人兄弟の長男。精神障害のおじさんは、7人兄弟の真ん中へん。身体障害のおじさんも7人兄弟の末っ子。男の兄弟みんな性格もタイプも違います。体の不自由さもあいまって勝手に片付けると怒るし癇癪を起こすので誰も手がつけられないというのが正直なところです。でもあまりにも汚いので爺さんに「○○さんが入院中に片付けるしかないよね?」と言ってみたら「家にいると暴れるから今のうちに片付けておこう」というはなしになりました。車椅子のおじさんは、自分の部屋の中はキレイに片付いているんですね。訪問看護師さんや訪問入浴サービスの業者さんなど人が出入りする場所は、整理整頓がされているのに周りから見えない場所が魔窟になっていました。以前探し物を頼まれたときも引き出しの中がゴミだらけになっていたけど外から見ると良い人に見える人っていうのは、蓋をあけてみたらだらしない一面を持っているのかもしれないですね。(人のこと言えないけどw)

閲覧注意

ゴミ屋敷は、有機系、倉庫系、認知症系、精神疾患系の4パターン

ゴミ屋敷は、大きく分けて2つのタイプがあるようです。スーパーやコンビニのお菓子のゴミや弁当の食べ残し・ペットボトルの飲み残し・カップラーメンの飲み残しを溜め込む有機系と本や服など物を溜め込む倉庫系に分けられるそうです。有機系と倉庫系は、それぞれ散らかっていながらもどこに何があるか把握している場合とどこに何があるか埋もれて探し出せない場合があります。有機系と倉庫系とは別に認知症で片付けられないというのもあります。家にあるのに次々と同じものを買って把握できないタイプと必要以上に家にあるものに執着し物が失くなったと周りの家族を疑うタイプがいます。あとは、精神疾患系。うつだったり精神病の薬の作用が強すぎるか症状が重すぎて片付けられないタイプです。外からガラクタを拾って来て溜め込むタイプもいるし家のゴミを捨てずに溜め込むタイプに分けられます。

車椅子のおじさんは部屋のゴミは私やもう一人のおじさんが回収します。私は、片付けられない性格ですがゴミや洗濯物を溜め込むのは嫌なタイプだったりします。車椅子のおじさんは、胃瘻で栄養を補給するので口から物を食べることが出来ません。もしかしたらストレスから心を蝕まれていたのかなと思うわけです。

ペットボトルに缶詰などゴミを投げ捨てる場所にしていたようですが、いつからこうなったか分かりません。依存心が強い性格なので少々病んでいたのかもしれません。精神障害のおじさんに手伝ってもらいながら不燃ごみ可燃ごみを拾い集めていきました。汚すぎて「大変」としか言いようがなく2時間位かかりました。でも精神障害のおじさんは、おとなしく優しい性格で黙々と手伝ってくれます。私にとって癒やしの存在です。

汚家

ペットボトルから缶詰。植木鉢。ハンガーなどを拾い集め・・ようやく下の部分が見えてきました。

おぞましい

燃えないゴミの袋は、大・中・小とあり大きいサイズの90センチ × 50センチの袋を使いました。大きい袋に不燃ごみを入れていくとズッシリ重くなります。不燃ごみの回収日に持っていったらスッキリしそうです。

900x500不燃ごみ袋

爺さんが、コンパネを敷いてくれました。部屋にも明るさが戻ってきました。1つ片付けてクリアにしていくと次の課題が見つかる・・そこを片付けると次の課題が見つかります。

おぞましい

大家族だから同居をしているから誰かが手出しをできるというものでは無いんですよね?性格やタイプによって各々のテリトリーも違います。臨機応変にやっていかなければいけないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA