モラハラ夫、車庫を片付けるも劇的Before-Afterになってない件

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

旦那に車庫を片付けたらどう?と提案してみました。しかしすごく面倒くさそうな雰囲気がぷんぷんと漂っています・・っていうか自分の家の自分の車の車庫なんだから・・ちゃんとすればいいのに。渋々重い腰を上げた旦那に、せっかくだから一緒に手伝おうと思いゴミを片付けていました。

「ゴミ袋持ってこいよ」

いつもいつも命令するんだよね。この人。関係性が王様と家来みたいな?でも第三者の前では優しく見せる外面良男(そとづらよしお)くんだからさ~~家の中では自己中心的でケチでつねに上から目線。ただのモラハラ夫だっつうの。

「はああああああああ?(`Д´) あんた何様???」

せっかくスチール棚があっても、ガラクタを捨てようとしないから全然キレイにならないのです。
車庫を片付ける

豆炭は、認知症の義母が買ったもの・・車庫に6袋。物置に8袋も残っています。自転車は、ご近所さんからいただきましたが結局誰も乗らないのでいずれ12月の大型ごみに出すつもり。誰かの不用品ってもらっても結局不用品のままなんですよね。でも「せっかく声をかけていただいたご厚意」を無下にしたくなかったのです。Noといえない典型的な日本人なんですよ私。笑。

劇的Before-Afterになってないちゅうの!

車庫

車庫がキレイな男は仕事ができる

車庫やガレージの使い方がシンプルで効率的なおうちを見ると「旦那さんがしっかりしていらっしゃる」「仕事ができる」というイメージがあります。車庫を作ったのは、10年前。ガレージの広告写真を見ながら爺さんから「どれが良いと思う?」と聞かれた私は、迷うこと無く1番高くて大きな車庫を指差しました。ところがです・・日曜大工が趣味の爺さんは、自分で作りはじめてしまったのです。まさかに自分で作ると思っていなかったので私も旦那も驚きました。爺さんが作ったガレージは、素人の手作り感満載の出来栄えですが一応は、車庫としての機能を果たしています。ただよそのうちの立派な車庫を見るたびに良いなと思います。うちの車庫は、台風が来るたびドキドキしなくちゃいけないっていうね。笑。材料費もかかっているし壊すときにもお金がかかるし1台分しか入らないし中途半端で困ったものです。

車庫の一部分だけを片付ける

家の中でも外でも最初は一部分だけ片付けていきます。車庫は、広いし家族のガラクタみたいな荷物もあるし旦那からしたら「どうして自分が片付けなければいけないんだろう」と思っているのかもしれません。義父は、1箇所片付けて褒めたら次・・次と乗りに乗って片付けていますが、365日家にいる人間と1週間に1回のお休みの日にだらだら眠りたい人間との違いです。奥さんから「片付けて」といわれて渋々始めるのでテンションもモチベーションも低めです。旦那は、車をいじるのが好きなんですが、新車のころにかまって終わり。車も古くなり錆びたり凹んできてもう手入れする気も無さそうです。モラハラ夫は、仕方なくガミガミ言われてうるさいから片付けたという感じです。お掃除や整理整頓が楽しくなると良いんですけど。誰かにいわれたから仕方なしで片付けてもあまりキレイになりません(っていう見本のおはなしでした)今後に期待します・・・

ガレージはこう使う!参考になる海外のガレージ27個の素敵な収納アイデア

車庫にも家にもパーフェクトな美しさを求めているわけではありません。家族がみんなで暮らす我が家、これからさきもずっと一緒に暮らしていく場所です。おうちが心地よく「好きな場所」になったらうれしいし楽しい気がします。旦那の片付けは、まだまだ始まったばかり。家の中も外も直したりなんとかしたい場所がいっぱいです。1つ片付けたら1つ見えなかったホコリや汚れを見つけてしまう。片付けても片付けても100点満点になることはないのだけど、好きな場所は、増やしていけると良いしできれば家族を巻き込んでみんながそういう風に考えられるようになったらステキなことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA