汚い車庫のbefore after写真、半年かけて更地にするまでの記録

before after写真
お問い合わせ 自己紹介 mokuji

before after写真

解体作業

爺さん、ベランダの私に何か訴えています!トタンを張り替えた!と言っています。あの表情は私に褒められたくてウズウズしているはず。仕方ないなー「欲しがり爺さん」。どれどれ過去の写真と見比べてみましょうか・・笑。

トタン

おお!!ホント!前より良くなっているではありませんか。爺さんは、私に褒めてほしくていちいち工夫したポイントを言ってくるので面倒くさいったら無いのですがブログのbefore after写真を見せて爺さんを褒めちぎるとうれしそうなので私も頑張ってほめまくります。

爺さんは、何度も「良くなった??良くなった??」と聞いてきます。「うんうん全然違うよ!写真で見ても違うし上から見ても違う」と褒めまくると喜びを隠しきれない爺さん。男の人っていくつになっても単純明快です。

去年の秋は、こんな状態だった車庫の中の写真です。

粗大ごみや不燃ごみ可燃ごみも出しまくりました。どこに置いたら良いかわからないような物は、捨てにくいのですが同じ種類のものを集めて分類すると出てくるわ、出てくるわ。この車庫に入っていたガラクタの98%は断捨離したので、分類しながら余分なものは、全捨て!に限ります。

車庫の中に入っていたもので残したのは、長靴と草刈り機だけ。半年の間に何度も「最後は車庫だけになったから壊そうかな」「でも壊すのやめようかな」「やっぱり壊そうかな」を繰り返していました。そうこうしていたら・・いきなり・・屋根をのばしはじめたときは、ホントにビックリしました。思いもよらぬ行動をとるうちの爺さん。それとも、私の読みが甘いのか

屋根伸びてるし!!どういうこと!壊すって言ってたのに!爺さんに「軽トラは古いし車庫の屋根いらないよ」と言っては見たものの・・放っておいたらどこまでも伸ばしていきそうでした。年寄りの片付けは、理解に苦しみます。今回の車庫の片づけでは、爺さんのキゲンを損ねてしまいましたが壊し終わる頃にはスッキリ片付いて「今日は焼肉食べよう」と元気を取り戻していたので良かったです。

ビフォーアフター

 

そして何もなくなった

車庫を片付けた翌日は、お祭りでした。屋根に上がってる間「落ちたらケガをして祭りの余興できなくなったらどうなるんだろう?」と頭をかすめましたが解体作業も無事終了!旦那は、腰に来たらしくてジジイっぽく見えたらしくていつも以上にウケて盛り上がったようです。私は、自分まで恥をかくのが嫌で見にいかなかったのですが今までは、穴があったら入りたいという心境を何度も味わってきたので受けて良かったです。

実際に見ていた人からラインが来ました。盛り上げ上手な方がいらっしゃったのだと思います。感謝感謝。

旦那

うまくできたことを爺さんに伝えると「どじょうすくいでも腰が大事だからな」とポツリ。そうなんだ、そうなんだ。自分たちがまだ通過していない老人真っ只中の爺さんの言葉・・勉強になりました。旦那が帰ってきたら旦那にどじょうすくいのyoutube動画見せようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA