ごんおばちゃまの生前整理の本「あした死んでもいい片づけ」を読みました

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

アマゾンの欲しいものリストから頂いたごんおばちゃまの本「あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理」を読みました。

私は、片付けられない女なんですけど、いつも掃除をしていないわけではありません。朝は8時から8時15分までドラマを見ながら遅い朝食を摂り新聞を読み8時半ぐらいから9時半か10時ぐらいまで散らかった荷物を元の場所に戻したり掃除機をかけたりしています。何だろう??時間をかけている割には、キレイに片付いていないような散らかった部屋なのです。残念すぎます。頑張っているわりには、努力が感じられません。

通知表なら「がんばりましょう」です。こんな私でももし9時半に来客があるとわかっていたら、もっと頑張って片付けます。イケメンが来るとわかっていたら化粧だって塗りまくるでしょう。しかし片田舎にたずねてくる男もなし。笑。ふいな来客なんてそうそう来ないですからね・・と油断をぶっこいてるときに限って机や棚の上に何か置いてある状態を見られてしまい慌てふためいてしまうのです。これでも慌てふためく度は、かなり下がりましたが・・まだまだザンネンな私。たけどこのまま残念な女で終わりたくない!スキのない女でいたい!(実際スキだらけw)で・・何の話かっていうと・・ものが多いと片付かないよねという話。

ごんおばちゃまの「抜く」を意識してみる

これまで数多くの断捨離ブログの方々が「お片付けでごんおばちゃまの「抜く」というキーワードを書いておられましたが、本を読んでいない私には、イマイチぴんと来ないキーワードでした・・本を読んだら自分にも出来そうな気がしてきました。お裁縫も料理も掃除もやたら時間がかかる人なので30分なら頑張れそう。
 
忙しいのよ!忙しい!!みんなと同じように忙しい!家にいる主婦ながら自分の時間がありません。職場にむかわなければいけない人たちとくらべたら申し訳ないのですが・・時間が足りません。でも30分って時間を決めてやればいい!という魔法のことばにしたがってお片付けをしていこうと思いま

うちの場合、本家(ほんや)と隠居があるのでどこから片付けるちょっと悩んでしまいました。

お片付けカレンダーを作り計画をたてる意味

まずは、ゴミの日(可燃ごみ)を記入しました。ゴミの回収日は月曜日と木曜日ということは、理解していますがカレンダーに記入していくことで片付ける期限が決まってきます。さらに不燃ごみ資源ごみの収集日も記入しました。明日ゴミの日だから片付けなきゃ~と思うことはあっても収集日にむけて片付けていく発想がありませんでした・・部屋のどこからどの場所から片付けていこう??となりました。たとえば居間は、人が出入りするので1回2回で終わりそうにもありません。反対に客間には、下の子の荷物だけなのでスンナリ片付きそうです。

あれもこれもやらなきゃ!とあちこちに目が行く割には、集中しないからイマイチキレイにならないのかも?と思いました。リサイクルボックスは、溜まったころを見計らって持っていっていますがごみ収集日の前に持っていけば全部フラットに片付いて良いかもしれないと思いました。だから雑誌・新聞・トレイ・発泡スチロール・ダンボールなどは、日曜日(月曜日の朝)までにまとめておいてリサイクルボックスに持っていくようにしました。

どこから片付けるかで悩む

家の中には、片付けたい場所がいっぱいあって・・みんなそこそこキレイになったけれどもう少しスッキリさせたい。いつかやろうと思いながらまっいいか・・永遠に手付かず・・でもあした死ぬかもしれないと思うと「やらなければ!!」という気持ちにさせられます。いったいどこから片付けたらいいのか?悩んでしまう・・お片付けカレンダーは、片付ける場所の計画をたてていくので時間割みたいに決めた場所だけ30分やればOK。

2月は、確定申告があるので忙しくなりそうなんだけど30分だけなら忙しくてもなんとかなりそう。片付ける場所は、ぐるっと時計回りで着手することにしました。1ヶ月先の計画しかたてていませんがダイレクトにその場所の物と向き合う時間を作っていきたいです。またbefore after写真を撮って楽しみながらお片付けの成果を確認していきたいです。ちなみにあした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理は、西ちゃんのほしいものリストから贈っていただいた本です。必要なときに必要な1冊の本と出会うタイミング。絶妙なタイミングでした。読んでヨカッタ!!と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA