仕事を高速化する「時間割」の作り方、毎日8万6400円もらえるとしたら何に使うか真剣に考えてみた

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

仕事を高速化する「時間割」の作り方を読んでみました。本は、「時間」と「お金」どちらが大切ですか?という問いかけから始まります。1日に8万円+消費税(6400円)毎日もらえるとしたら何に使うか?という非現実的な問いかけがありました。そこで毎日使いきらないとなくなってしまうお金があったら私は何を買おうかなと真剣に一生懸命考えてみました。

毎日8万6400円もらえるとしたら何に使うか真剣に考えてみた

1日目冷蔵庫を買い替える。

2日目ガスを新しいものに交換する

3日目布団を新しくして古い布団を大型ゴミに持っていく。ゴミのお金と行き帰りのガソリン代

4日目何を変えよう?あ!そうだ!8万6400円もらえるなら電子レンジも変えよう。なぜなら爺さんこの前 ゆで卵をレンジでチンしてゆで卵がこっぱ微塵になった

って嘆いていたから・・。笑。

5日目スマホを新しくする。まだ使えるけど・・・使わないとなくなるお金を使わないと勿体ないのでこの際だから新機種を買おう。

6日目業務用スーパーに行き保存がきく砂糖や缶詰や粉ものを8万6400円分使ってこよう

7日目何に使おう??ちょっと悩む。美容整形に行ってシワがのびる注射でも打ってこようか?

1週間でネタがつきるっていうね。

仕事を高速化する「時間割」の作り方

時は金なり

それにしても8万6400円なんて庶民には、想像しにくいお金。何を使おうか考えるのは楽しいことです。使わないと無くなるなら貧乏性の私でも頑張って使い切らなきゃと思います。しかし本の中で・・・これが時間だったら?と書いてあったので最初はピンと来なかったけど1日24時間を秒に換算してみたら8万6400秒なんですよね。時は金なりってそういう意味なのかと改めて思いました。本の中には、私がやってる真逆のことばかり書いてありました。

  1. 付箋を使うな
  2. ノートを使うな
  3. 優先順位はつけるな
  4. 手帳を使うな
  5. メールに時間をかけるな
本に書いてあった内容と私の感想

1.付箋を使うな。

付箋使いまくるし、付箋はがれないようにノリで貼ったりしています。ただコレには理由があって付箋は色がついているのでノートで大事なポイントに目が行きやすいので使っています。付箋はひとまとめにしていて手に届く場所にあります。筆入れも手に届く場所。ノリも手に届く場所にあります。本を読みながら1つ1つの動作が無駄な時間のように思えてきました。付箋は、便利なのでこれからも使うと思うけど無駄な動作(ふりかえって付箋を取り出すとか振り返って筆入れからマジックやペンを取り出す)っていうのを最小限にしようと思いました。今回役員として行事を終えました。付箋を貼っていて便利なことがありました。大勢で豚汁を作ったのですが50人分~80人分の箸や丼を準備しました。どこに何が入っているのか?どれを最初に使うのか赤いマジックでデカデカと書いておきました。自分もあわてることがなくお手伝いをしてくださる肩がの動きもスムーズでした。支払いをするときも相手がお留守で不在でした。あらかじめ書いておいた名前と電話番号を書いた連絡先の付箋ノートメモを置いておうちの人にあずけてきたところしばらく経って連絡がありました。相手の方は、とても褒めてくださいました。うれしかったです。

2.ノートを使うな。

いやいやノート使うよ、使うよ。デジタルよりアナログで書いた方が頭に残りやすいから。手描きの方がいろいろな発想が生まれる気がします。といっても私の場合B5サイズのルーズリーフ(はがして使えるパッドタイプ)なので著者のA4のコピー用紙1枚に近い感覚なのかもしれないです。ちょっとメモするには、100円ショップで買った付箋ノートメモが重宝しています。

3.優先順位はつけるな

これは、もうちょっと読み込まないと理解不能。

4.手帳を使うな

毎年買い替えているし同じラコニックの手帳なのに一応迷ったりしています。迷うの楽しい!!許してw

クラウドツールを利用せよということらしい。

5. メールに時間をかけるな

メールもブログもサイト作成も何回も読み直して何度も直すタイプです。ダメだコレ!笑。

この本を読みデスクトップのフォルダを片付けました。gmaiも使いやすいようにカテゴリーを減らしました。資料は使ったらすぐに処分しています。時間の使い方も工夫しだいです。最近はじめた家計管理もまずは、意識。贅肉を減らすのも筋肉を増やすのもまずは意識することが大事。

まあとにかく耳が痛い本であることは間違いないです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA