プライスレスな思い出を断捨離

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

衣服・食器・日用品、お金がかかっていないものは、捨てやすいです。だけど値段が高いものは、捨てづらいです。もう1つ捨てにくいものは思い出の品です。思い出は、プライスレス。父親がカメラ付き好きだったので、私もカメラ好き。写真は、撮るのも撮られるのも好き。結婚するまでの写真は12冊のフォトアルバムに整理して貼って持ってきました。20年間でアルバムを開いたのは、2011年に一回だけ。プロフィールを作るために久々2アルバムを開き2016年の今日再びアルバムを開きました。以前と違うのは、捨てる気まんまん!!ということです。とにかく自分が可愛く映っている写真以外は(笑)全部ベリベリ剥がしました。不細工な写真ばかりで剥がしすぎて爪が痛くなるくらいでした。

捨てた物(不細工×デブ×昭和な私の写真)

少しでもデブに映っている写真、不細工に写っているもの、誰にも見られたくない写真は、全部捨てました。昭和バブリーな髪型の超時代遅れ感満載のGパンに服をインした写真も全部断捨離しました。

アルバム

成人式の写真も断捨離しました。振り袖レンタルでも20万円くらいなので今と変わりません。当時は、青が好きだったみたいです。そういうことには、お金に糸目をつけない母親が出してくれました。写真館では、「お見合い写真」のように撮影しました。昭和ガチガチな私・・。この顔遺したくないな・・自分でも見たくない・・髪は、クルンクルンに巻いた前髪。成人式では、お金を出してもらったのに母ちゃんごめんなさい。当時付き合っていた彼氏が撮ってくれた笑顔のスナップ写真があるから・・いいかなと思い処分しました。

成人式の写真も断捨離

立派な台紙に入っていると、捨てる時心が痛みますが、捨ててしまったらどうってことない・・。お見合い写真風の写真を撮ってから27年も経過しています。誰かに見せる機会はないでしょう。

捨てたもの(仕事で使ったノート)

仕事で使っていたノートが入ったダンボールごと見つかりました。20年間一度も使いませんでした。もしかしたら子育てが終わったタイミングで仕事復帰しようと思っていたのかもしれませんが、おそらく復帰することはありません。今は、ネットで情報収集できるし仕事の内容も昔とは違います。箱ごと断捨離することにしました。頑張っていた過去の私に決別です。

仕事ノート

仕事ノート断捨離

残したもの(楽しかった当時を思い出す写真)

当時は、横に長いパノラマ写真が流行っていました。会社にいるときは、先輩や後輩・同僚とスキー旅行にたびたび行きましたが、楽しかった当時を思い出なので残すことにしました。20年経った今も、良い笑顔、良い仲間、捨てられません。でも思い出の写真も定期的に見直すことで少しずつ減らしていける気がします。

パノラマ写真

残したもの(お客様から頂いた手紙)

達筆な人ほど筆まめです。お客様からのお手紙を読み返しながらコレは、捨てられないと思いました。ラインもメールもある現代、みんなが携帯を持っている何でも簡単に思いを伝えられます。20年前は、今よりずっとアナログな時代で人に伝えることを今よりみんなが大切にしていた気がします。その文字に書き方に人柄がにじみでるような。デジタルな時代に一文字一文字丁寧に書かれた手紙を読み返しぐっときました。忘れかけていた感覚を手紙が思い出させてくれたので自分のために残しました。少ないけれど男性からのデートのお誘いは、全部捨てました。しかもこんな手紙来たことすら全く記憶に残ってなかったのですみません!というかんじです。

tegami

捨てられないもの、捨てにくいもの

家の物の断捨離をはじめました。捨てやすいものは、腐っているもの、壊れている物、まったく使わないもの。捨てにくいものは、高額な物、ブランド品。迷うものは、いつか使うかもしれない物。中でも「思い出」のものには、価値があるわけではありません。アルバム写真も思い出があるから捨てにくいです。日頃見るわけでもありません。何年か何十年かに1回アルバムを開くことはあっても、毎日毎日昔の自分の写真を見ている人はいないでしょう。今をこれからを生きて行くとき過去の思い出は、不要ということはないと思いました。

思い出の写真を眺めながら「自分が死んだあとのこと」を真剣に考えてみる

誕生から結婚するまでの写真は、「永久保存版」として結婚する頃に整理しました。アルバムを開いたのは2011年の1回きり。今回は、「自分が死んだ後、遺族が私のアルバムを見る」ことを想定して断捨離しました。自分が死んだあとのことを真剣に考えるとあれこれ遺しておくのは、遺族にとって大迷惑な話です。でもすべてを捨てることは、できません。思い出の写真は、プライスレスだからです。

  • 残すべき写真(良い顔で写っている写真)
  • 残すべき写真(その写真を見ると気持ちが高揚する写真)
ときは流れている、何年かに1回写真を見直して思い出写真を更新する

今、捨てられないと思った写真でも数年後、やっぱり捨てても良いと思うタイミングが来るかもしれません。無理に断捨離することはないけれど、上書き保存できる思い出と名前をつけて保存するものかあっても良いと思うので頭の中で更新作業をしていけば良いですよね。生きている限り間違いなく老いていくし思い出も増えていきます。でもキモチの拠り所として残すことも大切だと思いました。

プライスレスな思い出を断捨離” への2件のフィードバック

  1. 時代を感じますね。パノラマ写真。スキーウエアー。思わず。え?私?なんて思いました。
    西ちゃんは、高山市にお住まいですか?「君に名は」で、今、注目されてますよね。
    私も、写真の断捨離は、いまだ手を付けられない状態です。

    1. うさたなさん、こんにちは。出身は飛騨高山ですが、現在は田舎に在住です。君の名は・・で話題になっててびっくりしました。パノラマ写真にスキーウエアー、あの時代は、みんなあんな感じでしたよね。それより、もう少し前の写真になると会社に入りたてで垢抜けて無くて芋ねえちゃん全開です。笑。写真の整理整頓は、難しいです。自分では、捨てたつもりですが残した写真の方が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA