トイレの汚物入れを断捨離!閉経前にサニタリーボックスを購入

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

トイレの汚物入れって皆さんどんなものをお使いなのでしょうね?私は、今まで「コレは」という汚物入れに出会ったことがありません。我が家の汚物入れは、緑色。20年前に家を新築したとき購入しました。今は、自分のラッキーカラーということもあり緑色のアイテムに抵抗がありません。どちらかといえば緑色は嫌いないろでした。しかし義母が緑色など寒色系が好みみたいで土壁もバスタブもカーテンも緑色。半ば妥協して汚物入れも緑色を選びました。当時は、嫁に来たばかりで私が意見する権限は皆無だったし若い嫁が年長者に合わせるのは世の習いだろうと思ってきました。しかし20年間妥協しながら好きじゃないものを持ち続けるのって案外とストレスです。トイレに行くたびウンザリ気分。

汚物入れ

20年間使い続けてきた汚物入れを断捨離!新しいサニタリーボックスが欲しい

妥協して選んだわりには、壊れないから捨てる理由が無くずっと使い続けてきました。本当は自分が好きで選んだものの方が気持ちが上がります。断捨離してる先からお買い物ばかりしている私ですが、物を捨てる反面、手元には、とっておきのものだけを置きたいと思います。

オシャレな陶器製を買いたい!しかし年齢的に閉経も近いだろうから悩む。

ホームセンターや雑貨店を回っても「コレ」という汚物入れは見つかりませんでした。店頭に並んでいるのは、シンプルなプラスチック製ばかり。いろいろ探したけどやっぱり陶器製が良いと思いメリット・デメリットを考えてみました。陶器製のメリットは、白くて高級感があること。デメリットは、値段が高いこと。プラスチック製なら1000円から2000円。陶器製だと3000円~5000円と価格が高い。値段が高いのに割れるリスクがあること。

ガーリーな薔薇をあしらったようなデザインは、50前の女には、ちょっと痛いか??と思ったり。笑。純和風の築20年の我が家にも合う陶器を選びたい!割れるリスクもプラスチック製より高いので陶器製でありながら低価格のものを選びました。

汚物入れ

北欧っぽいデザインのキュジーヌのサニタリーポット もオシャレでした。1つ買うと3570円。セットで買うと7000円超えちゃいます。キュジーヌの次にカワイイと思ったのは、ロココ調のコーナーポット!値段は、5000円以上。値段が高いしうちのトイレには、雰囲気があいません。次にシンプルなデザインを探し最終的には値段で決めようとAmazonや楽天で探していたらようやく見つけたのがコレ。汚物入れセットに7000円=1万円なんてもったいなくて買えません。私が選んだのは、1500円1800円。プラスチック製と比べるとお高いですが気持ち的には大満足のお買い物となりました。

汚物入れ

ちゃっちいと言われていたブラシも組み立ててみました。このブラシだと掃除しにくいかな~~材質は、ニューボンだそうです。

汚物入れ

トイレに行くたびサニタリーボックスがちょこんと据えられている・・それだけでこんなにもテンションって上がるものなんですね。数年後には閉経するだろうし必要なくなるなんだろうけど毎日の満足度が上がったので購入して良かったです。今度家で葬式があったときお客さんがトイレにいってもドヤ顔していられそうだな。なんか骨壷みたいな?この骨壷メモリアルアートの大野屋で販売してあったんだけど納期まで1ヶ月半かかるって!!超高い!!2,476,190円純金ミニ骨壷 Simple Modern ( シンプルモダン)Soul PetitPot (ソウル プチポット)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA