10年前の部屋着を着たら「ものすごく何か変」だった件

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

貧乏性だから高い部屋着をリラックス着にできなかった

ようやく断捨離しました。コムサイズムの部屋着。買ったときの値段は、たぶん高かったと思われます。部屋着にするには、もったいなくてあまり着る機会がなかった1着です。勿体無いと思いながら毎年毎年タンスの肥やしとなっていました。購入したのは、覚えていないけど下の子が1歳のころだから10年以上前です。

捨てるつもりで部屋着としてフル活用

しかし今年の夏は、部屋着として活用しました。捨てるつもりならリラックスして着れるはず!そんな思いで緊張しながら部屋着を着ていました。スカートなのに可愛くないのは、なにゆえ。10年前は、お出かけできるぐらい可愛かったはずなのに。仕方ないので着倒すことにしました。少し緊張はしたけど部屋着のまま眠ったりしました。朝起きたらとんでもない格好でしたが、恥じらいはないので気になりません。デザイン性に優れているコムサとはいえ・・買ったときと変わりすぎている私の体型のせい。

家族に「何か変」と突っ込まれても私はめげない

これを着てたら「お母さんどうしたの??」と言われました。その「どうしたの?」は賞賛ではなくてあきらかに困惑した様子で「どうしちゃったの」(やっちまったな)的なニュアンスでした。それぐらい鈍い私だって表情を見ていればわかります。w 何年も前の服を着ると「なんかおかしい」以前は、あんなに似合っていたのに「何か変」でした。でもめげません。腐っても鯛です。スカートの下から私のたくましすぎる足。「お母さん!!足が少年すぎるんだよ」(←よくいえば)柔ちゃんに叱られそうだけど、柔ちゃんがスカート履いたみたいな??感じなんだとおもいます。笑。10年前と何が変わったんだ!!いったい何が!!?

断捨離コムサ部屋着

服が変わったのではなく間違いなく体型がオバサン化したのは間違いないでしょう。十年近く「部屋着」をリラ
ックスして着れなかったのは、ひとえに貧乏性だからです。

貧乏性のせいか格好までみすぼらしさ全開

でも「いつか気軽に着ようと思っていた部屋着」を今年の夏に着倒すことができたので達成感出いっぱいです。私つくづく貧乏性だな。部屋着と言っても気楽に気軽には着れないっていう!!もったいなさが先走って普段使いにできません。そのへんのジャージが1番気楽っていうオバサンに成り果てています。

ユニクロ

あと、ユニクロを着始めたのは、5年前。はじめは、気楽に着られるし価格も安いし・・と思っていましたが私が買うデザインは、肥満を助長させるものが多くて。最近は、あまり買わないようにしています。気楽に着れる服を着る機会の方が日常の大半なんですけどね。

オシャレな50代!60代を目指しているのに・・

うちの親戚のE子さんは、(孫が2人いる60代)ふらりと遊びにいっても化粧をバッチリしていて髪の毛もスッキリしています。普段何でもない日から「おスカート」を着用し女を磨くことに余念がありません。私もああなりたいな~と思いながらズボラなの難しいことです。E子さんのとは、旦那さんも普段着すら、しっかりしています。うちの旦那は、休みのは、ヨレヨレのステテコ履いてウロウロするし、家族もその姿に慣れすぎて誰も何も言いません。E子さんの家は、いつ遊びに行っても整理整頓が行き届いています。古いお家なのに片付いています。私は、大家族の肝ったま母ちゃんでズボラでいつも汚部屋・・お出かけするときだけ頑張って身なりを整えます。できれば、スッピンでダラダラしたいとこがあります。小綺麗な女性には、憧れるけどアポなしで訪ねられてもちゃんとしていないのでちゃんとした人になりたいです

断捨離ユニクロ

ユニクロのパンツも捨てることにしました。お尻のところに穴があいているように脱色しています。たぶん塩素系洗剤で色が抜けたのだと思います。娘が中学のとき履いていたお古の「お下がり?」「お上がり」なので相当古いです。人のお古って、もうそれだけで新品じゃないから貧乏性の私には気楽に履けました。ウェストもゆるゆるですごい楽ちんです。楽ちん過ぎて夜寝るときも、この格好で寝て出かけない日は、1日コレで過ごすというズボラっぷりでした。笑。このままではホンモノのだらしない女になってしまうと危機感を覚えユニクロに行ったのですが、1着も買わずに帰ってきました。ユニクロは、気楽で家で過ごすには最高です。だけど、どんどん体に緊張感がなくなっていく気がするので

お上がり

 

毎日気軽に着れるユニクロですが、こういうのばかり選んで着ているような気がします。まず整えたいのは、体のラインだな。笑。お姉ちゃんの部屋でコムサのTシャツを見つけました。小さいシミがあったので捨てようと思っていたら次男が「これ誰の??着て良い?」というので「それコムサのやで!!着て着て」というわけで息子が着ることになりました。捨てる神あれば拾う神ありやな。と思いました。せっかくだから写真を撮ろうという話になり、家の中でも比較的物が落ちていない場所に移動。笑。

コムサイズムTシャツ

ポーズを決めてよ・・と言ったら、こんな姿勢に・・猫背やし視線が下過ぎです。

コムサTシャツ

自分なりの男前ポーズを決めています。

高い服を長く着続けるのが良いのか

この前写真の整理をしているとき、この洋服オシャレだなって思って・・どこのブランドか思い出せなかったのですが、MELROSE(メルローズ)やINGEBORG(インゲボルグ)の洋服だとわかりました。同期は、ピンクハウスにはまってて、でも私は、ちょっと違うな~~って路線に走ってたんだけど、今見ても古い感じがしないのです。その当時は、お給料も全額自分のものだし学費稼がなくても良いし笑。独身貴族ですわな。当時のお財布事情に合った服だったのだと思います。高い服を買ったほうが、大事に着るような気もしますが貧乏性がネックになってしまい着る回数が少ないっていうね・・今着ている服が、30年後に「ダセ~」とならないようにはしたいものです・・自分に似合う色・デザイン・素材って今も変わらない気がするけど、う~んどうなんだろう?

安い服を1年単位で捨てると良いのか

ミニマリストの友人が、しまむらで洋服を買って、1年でじゃんじゃん捨てると言っていたので私も真似をしたことがありました。そして1年で捨てました。いや、捨てました!というより捨てざるをえなかったのです。太り過ぎて翌年もう着れなくなったっていうね。笑。衣類の断捨離は、永遠のテーマです。また今度見直してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA