「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届いた

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

「法務省管轄支局民事訴訟管理センター」から「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届きました。宛名を確認したら私宛てでした。東京都千代田区の場所が書いてあり電話番号も記載されています。しかし板橋が消印になっています。なんじゃこれ。千代田区から送ったら千代田区の消印になるんじゃないの?(よく分からんけどw)地図で見たら板橋は、練馬の隣で千代田区からそこそこ離れた場所みたいです。田舎ものの私でも千代田区と板橋区が違うぐらいは、うっすら分かるって話です。しかも・・この手のハガキって、善良な市民や結構真面目にやってるような一般ピープルが「え?なにか思い当たるような思い当たらないような?」と一瞬ドキドキするようにそれっぽく書いてありますよね。私も一瞬あんなことやこんなことが思い浮かびましたが、そもそもハガキなどでこのような大事なことが記載されるはずもありません。私は、一度某県の議員さんの批判記事を書いたことがあります。その議員さんは、使ったらいけないお金でコンパニオンを呼んで・・っていう事実に基づいた記事でしたが事実であっても名誉もあるらしく自分が利用しているサーバー経由で記事を削除してほしい旨が丁寧に封書で送られてきました。そのときの記憶が薄っすら浮かびましたが私みたいにブログで生計を立てているような人には、ちょっとビビる内容っていうか・・ま・・ちょっとドキドキはしました。笑。

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ

内容は、以下の通り。

この度ご通知しましたのは、貴方の利用されている契約会社、もしくは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として訴状が提出されましたことをご通知致します。管理番号(わ)322裁判取り下げ最終期日をへて訴訟を開始させていただきます。
尚、このまま連絡なき場合は、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立会いの下、給与差し押さえ及び動産、不動産の差し押さえを強制的に執行させていただきますので、裁判所執行官による執行照明の交付をご承諾いただきますよう様お願いいたします。裁判取り下げなどのご相談に関しましては、当局にて承っておりまスのでお気軽にお問い合わせください

尚、書面での通達となりますので、プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡頂ますよう、お願い申し上げます。

取り下げ最終期日平成30年2月22日。

 

って明日じゃん。(明日じゃん)wしかも内容にわりには、お気軽にお問い合わせください!!ってところが恐ろしい。これうっかり電話すると自宅の電話番号(個人情報)バレてしまうのでとかバレてしまうので無視してハガキは、ゴミ箱にポイ。放置しても裁判になることはありません。たまに・・こういうの来るんですよね。電話番号で検索したら詐欺とかいっぱい出てきました。私がギリ40代のピチピチギャル(死語)だったからちょっとドキドキしたぐらいだったけど・・こういうのがネットに疎い人のところに来たらパニックになって電話とかしてしまいそうだな・・気をつけよう、気をつけねば。詐欺の手口。

数年前に婆さんが表札を詐欺?みたいな人から買ってしまったことがあって・・掃除していたら領収書が出てきて・・表札1つで3万4500円だったけかな??とんでもない。表札表札の過去記事→表札の訪問販売で詐欺にあったかも?体験レポート

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ

「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届いた” への4件のフィードバック

  1. 西ちゃん、今晩は。
    わぁー!詐欺DMだね!
    一瞬ドキッ!とするけど絶対に詐欺と断言出来るから破棄してね♪
    だって本物なら間違いなく裁判所から封書で届くからね。
    葉書なんてあり得ない!

    1. るぅさん、こんばんは!子どもたちにこんなハガキ届いたよ~~って見せてやりました。2017年の年末から2018年の1月にかけて無造作に投函されたようですが田舎にも手をまわしてきたのでしょうかね??

      表札を買われされたところの住所を検索してみました。笑。表札もやっぱり詐欺だったみたいです。賃貸住宅がある住所でした・・なんだか怪しげなことが横行して嫌な世の中です。当時おまわりさんに「おばあちゃん若い人のいう事を買い物するときは聞いて気をつけて」といわれていましたが婆さんは昔から自分ではしっかりしてるつもりなので嫁の話など聞き入れたことはありません。今思えばその頃からボケていたのだと思います。旦那の名前刻んであるんだけど早く捨ててしまえばいいのに爺さん捨てていません。早いとこ新しい表札買おうと思います。

  2. こんにちは~
    …思い出したのですが、ウチのダンナが・深夜外出先で転倒・骨折・救急車で入院…って、10年くらい前にやりまして。
    小学校に入ったばっかりの子供を一人にしておけないんで、一緒に着替えて救急病院へ行った覚えがあります。
    パジャマなど入った入院準備鞄はいつも押し入れにあるので、女物セットを抜いてティッシュ1箱突っ込んで。
    リースのタオルやパジャマは看護婦さんに断って、自前の物を預けてきました。

    …が、数年前でしたっけ、その救急病院が倒産したので請求漏れのパジャマリース代を支払って、って封書が届きました。
    え~、借りてないし。でも入院期間とかしっかり合ってる。なんじゃこれは。振込用紙入ってる。
    で調べると、いろんな人が同様の封書を受け取っているみたい。
    おまけに弁護士と名乗る人から電話までかかってきたので、リース利用していませんって説明しました。
    同じような人が多かったんでしょう、しばらくすると封書で支払いは結構ですって文書が送られてきました。
    本人と家族が元気でいるので即座に否定できましたけれど、お年寄りとか病院がかかわるから支払っちゃった人いるんじゃないのかな…。

    義父のリハ病院を探すときに検索したら、その病院、カタカナな名前に変わってヒットしました。
    あの狭い迷路みたいな病棟で、リハビリ指導なんてできるのかしら…見学にも行きませんでしたけれど。
    あの時ダンナは救急車で入院したもののあまりにもあんまりな診療体制だったので、転院したのも思い出しましたよ…

    1. ちゃーちゃんさん。こんにちは、さすが!十年前でも入院セットを用意していたとは!常に準備をされてて素晴らしいですね。何かあったときにあわてず対応出来る人を尊敬しますよ!準備しておけばいざ入院というときに買いに走らなくても済みますもんね。

      入院期間はあってるのにリース代請求ってところがズサンなと病院だったのでしょうか?詐欺ではなさそうですが正直何年も前のことにねると記憶を曖昧でどうだったっけ?と支払ってしまいそうです。

      転院して、正解だったですね。しかも入院した日にちをちゃんと記憶しておいたところもすばらしい。うちみたいに、いれかわりたちかわりほぼ全員誰かがどこかの病院に入院していると過去のことみんな覚えていません。自分のブログの過去記事が残っていると、過去にこんなことあったんだ!とギョッとします。(笑)しかも検索経由で自分のブログを思い出すっていう!

      最近 私は無駄なサービスを解約してお金の無駄を減らしています。断捨離生活で無駄を排除出来るようになりました。しかし大人の階段は、まだまだ。(笑)いつか、しっかり頭のキレる抜け目のない女になっていたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA