光回線の差し込み口、露出配線をスッキリさせたよ。

光回線露出接続
光回線露出接続
こんにちは!光回線のコンセントも新しくなってゴキゲンの西ちゃん(プロフィールはコチラ)です。

リフォーム中、光コンセント(モジュラージャック)の差し込み口を見ながら電気屋さんと大工さんが「これ○○ちゃん(←私)がやったの?」というので「光回線の工事の人が来てやってたよ」と答えると「プロと思えない雑さ」と笑われました。

私なんて、「さすがプロ!」と思ってたのに。笑。

ケーブル類をスッキリさせる方法を考える

大工さんと電気屋さんと「有線ケーブルをどうするか?」(これは抜いた)「コンセントをどうするか?」という話になり差し込み口が玄関にあればルーターもモデムもひとまとめに出来る!という話になったのです。

西ちゃん

LANケーブルは、引き抜きました。しかし無線にしたらZoomで固まるので無線ルーターを買い替えましたよ。

素人の私は差し込み口が無い場所に、どうやって差し込み口を作るんだろう?と思いましたがお願いすることにしましたよ。

電話回線のモジュラージャック周り

電話回線のモジュラージャック(電話線の端子)がコチラ。電話だけプスっと直接挿し込んで使います。

24年前は必要無かった場所に差し込み口が必要になるものなんですよね。

反対に24年間一度も使ったことない差し込み口もありますけど。差し込み口の位置って重要ですよね。どこに何を置くかで・・設置したいコンセントの数とか決まって来ますもん。

壁の蓋をはずすと、こんなことになっています。

怖い~~これは・・分解禁止のNTTのモデム。「○○ちゃん覚えておいて、この差し込みがこっちだからね・・むきはこっち」「はああ・・????」既に記憶から消えていく私の脳内。

(分解禁止です。)

分解した理由は、光回線のケーブルが異常に長く美しく束ねて丸めるためです。

光回線のケーブルは「光ファイバー」と呼ばれておりガラスで出来たケーブルなので適当に丸めたらダメなんですね~~

西ちゃん

知らんかった~素人なので適当に丸めてた~

新しく蓋をして・・コンセント2箇所もつけてくださいました。

西ちゃん

今回のリフォーム工事で、直してうれしかったランキングではダントツ1位かもしれません。

あらゆる場所の差し込み口をキレイにしてくれた電気屋さん。NTT光回線の壁の差し込み口なんて素人ではどうしようもできないので、頼みやすい人でホントに助かりました♪

今回のリフォームでは・・

LANケーブル
LANケーブル
  • 有線ケーブルをはずした。
  • 廊下の途中まで這わせていた光ケーブルをはずして丸めた
  • 光ケーブルを収納棚の後ろに隠した

露出配線をスッキリさせる

文章で書くとややこしいのですが、モデム収納棚の場所にはコンセントが無く黒いコンセントケーブルは壁を這わせていました。さらにLANケーブルを天井づたいに這わせてパソコンのとこまでつながていたんですね。

光回線やモデムルータなどBefore

露出配線どころの騒ぎではないですね。w歴史的建造物群に指定されている場所は、地下に電線を這わせて景観をスッキリさせていますが、家でもケーブル類は、なるべく隠したほうがスッキリとした空間になるんですね。

光回線やルーターモデムなどAfter

壁の光コンセントがある位置から電話機や無線LANルーターに向かって露出配線している状態だったんですね。

玄関の壁から光回線のケーブルは廊下の真ん中にあるモデム、ルーターのところまで伸びていた

見た目がスッキリしただけでなくネットのほうも快適になったという・・

Panasonicの4口タップ(白)1メートルを買い替え

Panasonicの4口タップ(白)1メートルを買い替えましたよ。前の黒いのは2メートルで長すぎでした。

ケーブルの色を白にした

ケーブルの色も黒から白へ

ケーブルの色を黒から白にしました。砂壁が薄汚れたかんじが強調されてる気がしないでもないですが・・

西ちゃん

全部のケーブルを引き抜いたせいか最初に立ち上げたとき、恐竜のマークが出てきて焦りました。少し時間をおいたら無事閲覧できるようになりましたよ。

西ちゃん

モジュラージャック、Wi-Fiルーター、モデム、何がなんだか?どれがどれだか?意味不明でした。ケーブル類をスッキリさせたら、見た目がスッキリしただけでなく(回線的にもサクサク)と思いたい今日このごろです。

Zoomミーティングが固まる、止まるのは古いWi-Fiルーターを新しくすれば通信状況が改善する!

LANケーブル

LANケーブル(有線ケーブル)を抜いてみる。無線にすると速度は遅くなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA