オーストリアのお菓子「モーツァルトクーゲル」を再現!チロルチョコモーツァルト

モーツァルトチロル
こんにちは!西ちゃん(プロフィールはコチラ)です。

「モーツァルトクーゲル」を再現したチロルチョコモーツァルト

オーストリアのチョコレート菓子「モーツァルトクーゲル(モーツァルトボンボン)」を再現した、チロルチョコモーツァルトを買ってみました。

モーツアルトの肖像画が付いたチロルチョコ

モーツァルトの肖像画が付いたチロルチョコ。モーツアルトの肖像画が掛かった音楽室を思い出しますよね。なぜにモーツアルト?と思ったらもともと、チロルはオーストリアとイタリアにまたがるアルプス山脈をさしているとのこと。

モーツァルトチロル

モーツァルトのクラヴィアのためのAllegro molto(アレグロモルト)ハ長調が発見されたのがチロル地方だったそうで、チロルチョコと無関係ではないのです。


音楽的なことは、詳しくはないですが、クラシック音楽を普段から聞いているような高尚な気分になります。

チロルモーツァルト

パッケージが高級感を醸し出しているだけでなく中身は、マジパンと香り高いピスタチオ、粉砕されたアーモンドの食感が楽しめる高級なチロルチョコ。ちなみに値段は42円でした。

チロルは10円の時代からチロルチョコを愛し続ける私としては42円ときくと高い気がしますがパッケージ込み込みで高尚な気分になれます。チロルチョコは期間限定でいろいろな種類のコラボ商品や新商品が販売されているのでいつもチェックしています。

季節限定、ルート限定のチロルチョコ

チロルチョコは2021年12月・・みるくもち、生もち雪どけバニラ、ビッグチロル、紅白いちご、桔梗信玄餅、うなぎチロルパウチ、ピスタチオアソート、チロルチョコ(プレミアムコーヒー)、ザクチロなど季節商品だけでなく珍しいコラボ商品もありお店で見つけたときの感動がうれしいんですよね。

西ちゃん

宝探し感覚で珍しいチロルをみつけるとついつい買ってしまう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUT US
    西ちゃん押入れを改造したパソコン部屋でレビュー記事を得意とするブログを書く人、地元ライター
    岐阜県田舎村在住ブログ歴15年のブロガー。押入れを改造したパソコン部屋が私の仕事場♪当ブログは2016年8月に開設。 整理整頓が苦手で片付けられないまま一生終えそうだったけど、家族の葬儀をきっかけに、暮らしを整えるようになりました。カメラ、食べ歩き、ウォーキング、ラコニック手帳を愛する50代。 詳しいプロフィールはコチラ