長押フック
買ったもの、使用感

部屋の印象を変える!なげしフックbefore after

生協でなげしフックを注文しました。日本家屋によく見られる壁に沿って付けられている「謎のスキマ」長押。格式の高い和室には、欠かせないものだそうです。我が家の和室が格式が高いかどうか別として・・実家は、相当古い家で古すぎて?「長押」無かったような気がします。(たぶん)

嫁に来てはじめて「長押」の存在を知り「画期的なものだな」と思った記憶があるので、たぶん実家は無いはず・・「ながおし」と書きますが「長押」の読み方は「なげし」です。google日本語入力だと「なげし」と書くと、ちゃんと「長押」と変換されるので「おお」と思ってしまいます。私が知らなすぎるだけかもしれないですけどね。

子供が小さい頃は、なげしを利用してコーナーにコーナーフックを設置していました。洗濯物を乾かすのに使っていたのですが洗濯物の重さに耐えかねよくコーナフックごと落下していたものです。

何度も落下するためコーナフックは、取り外し長押に直接ハンガーをかけて洗濯を干していました。部屋で暖房を使うと乾くので便利なものだな~~と思っていました。見かけは、だらしないけど生活の便が良いのが1番です。

しかし洗濯物をハンガーごと干すと長押に傷がつきます。洗濯物の湿気で襖もボコボコしてきます。というわけで我が家の洗濯物は2~3年前から居間で干さずに縁側で干すようになりました。昼間は、外干しです。

部屋の長押フックにかけているものは、帽子と愛用のリュック、お出かけするときは、上着をひっかけることもありますが、だいたい2アイテムだけです。この長押フックは、たぶん婆さんが買ったもので20年ぐらい前にもらったものを使い続けてきました。ま・・これでもダメということではないのですが生協のチラシを見ていたらなげしフックなるものを発見し購入にいたりました。

長押フック
西ちゃん
白いと悪目立ちするんですよね。

今まで使い続けていて、あれですがなげしフック1つで部屋の印象すら変わる気がします。

なげしフック

3個で1000円弱でした。丸くてカワイイです。耐荷重は何kgかわからないけど、余分なものを詰め込んだリュックをひっかけても全然大丈夫です。コートをかけても大丈夫。なげしとピタッとはまり色もなじんでいます。購入の際は自宅のなげしの幅を確認して購入されると良いと思います。私は、何も考えず買ってしまいましたが。笑。

西ちゃん
ステキになりました。これでいつ葬式!となっても安心です?
なげしフック
西ちゃん
かもいだけでなく、キッチン流し台や開き戸、机などあらゆる場所で使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com