激安♪ソニー Bluetooth対応のワイヤレスステレオヘッドホンを買ってみた

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH400 : Bluetooth対応 買って良かったモノ

楽天アフィリエイトポイントが余っていたので数珠を買うつもりで楽天市場で検索したところ数珠は3000円から2万円台とピンきりでした・・どうしよう??と悩みつつ気付いたら「Bluetooth ワイヤレス ソニー ヘッドホン」で検索をはじめていました。ヘッドホンも数珠と同じで安いのは3000円台、高いと3万円台と幅がありました。そして数珠は、今度買おうとヘッドホンを先に買ってしまいました。

Bluetoothヘッドホン

音も良く高評価なソニーのヘッドホンを選びました。今まで使っていたヘッドホンは、コチラのものです。

i-BUFFALO

西ちゃん
i-BUFFALOの両耳ヘッドセット(値段は覚えていませんが)は、耳に当たる部分が柔らかくクッション性が良いものでした。オンラインスクールでスカイプでのやりとりのとき使っていました。(マイク付きですが)オンラインスクール辞めて随分経ちます。有線なのに雑音(ノイズ)が入るヘッドフォンでした。(気にしてなかったですけどね)

i-BUFFALOヘッドホン
コードがゴチャゴチャするのって本当嫌ですよね~~線を見てるだけで虫唾が走ります。

i-BUFFALO

パソコン前面(フロント)のスピーカージャックに挿し込んで使っていました黄緑色は黄緑色に挿し込めば良いですしマイクジャックは、ピンクのマイクジャックに挿し込めばOKなので簡単です♪

ワイヤレスとBluetoothの違い

マウスはLOGICOOL ワイヤレストラックボール マウスM570を使っています。超小型レシーバーをパソコンに挿し込み使用するのですがM570は、「2.4GHzワイヤレス接続」のため反応が早く操作性が高いです。LOGICOOLには、Bluetooth接続のワイヤレスマウスもありますが、ペアリングに失敗すると使えなくなるので仕事でパソコンを使う人には向いていません。そもそもマウスやキーボードは、Bluetooth接続ではなくワイヤレスにするなら「2.4GHzワイヤレス接続」にしたほうが良いです。

同じようにケーブルが無いケーブルレス(ワイヤレス)でもBluetooth接続と2.4GHzワイヤレス(無線LAN)接続の違いは、通信速度と通信距離です。Bluetooth接続より2.4GHzワイヤレス接続の方が通信速度が速く反応も速いです。Bluetooth接続は数十メートルが限度なのに対し2.4GHzワイヤレス接続なら100メートル離れてもつながります。2.4GHzワイヤレス接続なら1階と2階離れていても使えますが、Bluetoothはちょっと距離が離れると使えなくなるので不便です。

西ちゃん
ペアリング接続は、一度設定してしまえばあとは簡単です。しかし何かの関係でデパイス接続(Bluetoothのペアリング)がうまくいかなくなることがあります。理由は、不明です。操作が間違っているのかもしれませんし・・解決法を見てもイマイチよくわからないんですね。BluetoothをONにしたりOFFにしたり電源切ったり入れたりペア解除したりペア削除したりペアリングしてるのになぜかつながらないなど面倒なことが起こることもあります

Bluetooth内蔵のパソコン

Bluetooth内蔵のパソコンでもキーボードやマウスは、Bluetooth接続ではなく2.4GHzワイヤレス(無線LAN)接続のほうがトラブルが回避しやすいです。Bluetooth接続で、ペアリングがうまくいかなくないことやBluetooth接続できているのに音声が途切れる、反応や動作がもたつくといったトラブルが少ないからです。

Bluetooth接続h.ear go (SRS-HG1)

Bluetooth接続の文句を書きましたがメリットもあります。1つの機器で複数の機器と接続できる点は、やはり便利です。ワイヤレス接続だとパソコン側のUSBポートがふさがりますがBluetooth接続なら、USBポートにブスブス挿しこまなくても良いため見た目がスッキリします。先日購入したステレオh.ear go (SRS-HG1)は、パソコン周りの線を少なくするのが目的でした。

ワイヤレススピーカー

Bluetooth接続だとタブレット、スマートフォン、Android、音楽プレーヤー、ヘッドフォンなど複数のBluetooth対応機器とつなげることができるのです。マルチペアリングというそうですが、否応無しに便利です。

ワイヤレススピーカー

機器によってBluetooth接続すると便利なものとワイヤレス(無線LAN)接続の方が安定するものがあるので使い分けると良いです。私は、ステレオとヘッドホンを、Bluetooth接続でスッキリさせることができて満足していますよ♪

西ちゃん
RealforceはBluetooth接続もワイヤレス接続のキーボードもありません。いつかワイヤレス接続やBluetooth接続でつながる時代が来るかもしれませんがキーボードだけは、ケーブルありか2.4GHzワイヤレス接続を買おうと思いますよ。

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH400 : Bluetooth対応 L

静かな時間

ステレオを買って以来、音を聴きたいときだけ電源を入れるようにしています。ステレオをワイヤレスにして気づいたのですが、私によってパソコンの音は、必要ではなかったということです。有線スピーカーのときは、常時音が流れていました。YouTubeを見はじたら次々と見続けていたし数時間経過していたこともありました。でも今は、スマホのdヒッツの音楽を気分転換に聴く程度で、あとはずっとOFF。静かな環境でキーボードを打つ音だけがガチャガチャっと聞こえてきます。「ああ仕事してるな私」と思いますよ。

ワイヤレスステレオヘッドセットWH-CH400の使用感

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH400 : Bluetooth対応

コードレスにしたかったので、まずは満足です。SONYだけあって高音質です♪(っていうかそれほど音にこだわっているわけではありませんけど)充電アダプタは付いていませんがマイクロUSBケーブルが一緒に入っているのでパソコンやお手持ちの充電アダプタで充電可能です。

Bluetoothヘッドホン

ケーブル、迷子になったりするんですよね。^^;

ワイヤレスヘッドフォン充電

パソコン側のUSBポートに挿し込んで充電をします。4.5時間でフル充電となります。

ワイヤレスヘッドフォン充電の仕方

充電時間は長いですがパソコンの電源を入れたと同時に充電すれば4時間半はあっというま。充電中は赤いランプが付き、充電が完了すると消灯します。充電後の連続使用時間は最大20時間です。

ワイヤレスヘッドホン

USBコネクタも、統一されると良いんですけどね。プリンターもデジカメもスマホもヘッドホンもステレオもみんなバラバラですもん。

ソニー SONY ワイヤレスヘッドホン WH-CH400 : Bluetooth対応

西ちゃん
107gと軽量、値段も安い、音も良い、丸くてコロッとしたカタチです。低価格ですがデザイン性が高く箱をあけた瞬間カワイイフォルムに癒やされました♪汚れが目立たないように黒色にしましたが他の色もオシャレだと思いました。普段からパソコン用メガネを使っているのと顔がデカイせいか装着したとき耳に側面から圧迫感がありました。調整はできますが男性向きではありません。またi-BUFFALOヘッドホンと比べて耳にあたる柔らかさはを使う時間も短時間なので問題なく使っています。

低価格ワイヤレスヘッドホンの評価

ソニーにしては低価格なワイヤレスヘッドホンですが、耳にあたるかんじ感じに圧迫感があるので長時間使用する人には向かないかも。ワンランク上のタイプを選んだ方が良いかもしれません。値段が高いと折りたたみ式やマイク付き仕様になります。

値段が安いだけのことはある

聞くだけ専門の人(しかも短時間)音には、こだわらない。今まですごいヘッドフォンを使っていない限り満足度が高い商品です。ヘッドホンには、RとLのマークがついています。いつもRtとLどっちかわからなくなり混乱します。笑。Rはrightで右。Lはleftで左。電源がついている方が、右側です。細かい部分は、価格が安いだけあって、チープな作りです。RとLの文字など安っぼい

コメント

タイトルとURLをコピーしました