1年前に亡くなった曽祖母が夢に現れた!夢で逢えて良かった

お問い合わせ 自己紹介 mokuji

夢の中に去年100歳で亡くなった曽祖母(旦那の婆ちゃん)が会いに来てくれました。私は、いつものように台所で洗い物をしていました。婆ちゃんは、すっとあらわれて何も言わずにニコニコの優しい笑顔で立っていました。私が運んだおかずの茶碗とお皿を返しにきたことがわかりました。私は、うれしくなって「ありがとう」と言いながらお皿と茶碗を受け取りました。でも夢の中で(婆ちゃん死んだからこれは、夢なんだな~)と思っていました。そしてすごく逢いたかった人に夢だけど逢えてうれしいと思っていました。

夢の中で私は、実家の死んだ婆ちゃんもあの世にいることを思い出していました。そして婆ちゃんに(実家の婆ちゃんにもよろしく伝えておいてもらおう)と思っていました。婆ちゃんは、藍色みたいな褐返(かちかえし)に近い色の着物を着ていました。良い色の着物だなと夢の中で思っていました。そしてあたたたかそうなふわふわした似せ紫色羽織を羽織っていました。婆ちゃんは、いつものように優しい表情でした。夢の中で「婆ちゃん逢いたかったよ~逢いたかったんだよ~」といいながら婆ちゃんと私は抱き合いました。でも抱き合った体は、あたたくなくて触れた羽織の生地のあたたかみが伝わってくるだけでした。もう死んでしまったから人の体温みたいにあたたかくないんだなと思っていました。夢でも逢えて良かった思ったら涙が溢れ出しました。

私は、母親に甘えるように涙をおさえることができませんでした。「逢えて良かった、逢いに来てくれたんだね。うれしい~ありがとう」と言いながら泣き続けました。(すごくすごく逢いたかったんだよ。家の中がキレイになったから逢いに来てくれたのかな。認知症の介護を頑張っているからねぎらいに来てくれたのかな)いろいろな思いがかけめぐりながらひとしきり泣かながら抱き合っていました。

夢だって分かってる。現実じゃないってわかってる。でもあまりにもリアルな夢での再会に私は、わんわん声をあげて泣いていました。リアルに子どもたちが「お母さん大丈夫?泣いてる?」と起こしてくれたので涙でぐちゃぐちゃになりながら今見た夢を話しました。生きているときは暖かかった婆ちゃんの握り返してくる手のぬくもりが、亡くなったときは、とても冷たくなって悲しかったことを思い出していました。

子どもに起こされてしまったので実家の死んだ婆ちゃんに伝言を頼めなかったな~と夢現のまま考えていました。夢から覚めた私は、今見た夢を旦那と子どもに話しました。みんな馬鹿にすることなく聞いてくれました。夢だったけど、たぶん本当に逢いに来てくれたんだと思いました。死んだ人は、どんなに大切で大好きな存在でも生き返ることはありません。夢でも良いから逢いたいと思う人でもそうそう簡単に逢えるわけではありません。でも亡くなった人が見守ってくれている!と感じました。

亡くなった人が夢に現れるのは吉夢それとも警告?暗示?

夢というのは、その人の心情をあらわすといわれています。繰り返し見る夢は、五種類です。一つめは、熊に追いかけられて爺さんの軽トラに逃げ込む夢で危機一髪のところで軽トラに逃げ込み助かりますがら非常に怖い夢です。

二つめは、グラウンドでリレーをしている夢でもっと早く走れるはずなのに何故か眠くて体が重くて足が上がんない焦っているというのもよくみます。

三つめは、歯が全部抜け落ちる夢。夢なのに歯がリアルに痛かったりします。ストレス溜まってるんでしょうか?

四つめは、旅行行程表の文字がかすんでしまいお客様に「今日の予定」を言わんければいけないのに全然読めずにどうしよう~と非常に困っている夢です。

最後は、元カレと逢ってる夢。リアルにドキドキしてテンションがあがり現実か夢なのか勘違いしそうになHAPPYな夢です。(笑)

死んだ人の夢は、初めて見ましたが穏やかな気持ちで目覚めました。気になったので夢占い(予知夢)を調べてみました。亡くなった故人が夢に出るときは、表情からメッセージを読み取るのだそうです。亡くなった人から抱きしめられる夢は、物事が好転することを意味しています。亡くなった人の夢や祖父母の夢は、何かの警告や暗示という説明もありましたが幸運が舞い込んだり願い事が叶う吉夢だそうで安心しました。

12月は、精神的に疲れてズタボロでしたが1月2月と元気を取り戻し穏やかな毎日です。だからもう幸運が舞い込んでいるのかもしれません。amazonの欲しいものリストを公開したらプレゼントを贈ってくださるかたがいらっしゃり温かい気持ちになりました。認知症の本のおかげで明るく物事を考えられるようなったこと。ごんおばちゃまの本で部屋というよりお家全体の整理整頓がすすんでいることなど、良いことばかり。夢を見る前から物事が好転して良い方に周りだしています。

死んだ人が伝えるメッセージ

夢の中で婆ちゃんは、何も話さなかったものの感情だけで伝わってくるものがありました。私は、とても優しく穏やかな気持ちでになりました。100歳の曽祖母は、亡くなる1~2ヶ月前まで自分のことは自分でできて元気でした。私が介護をしたのは、最後の1~2ヶ月。寝たきりになり病院ではもう治療の術がないといわれてからです。寝たきり介護の知識もなかったので心身ともに大変でしたが優しい時間でした。介護を通じて家族の存在をあらためて考えるきっかけになって家で看取って良かったと思いました。

すでに認知症だった婆さんは、他人事みたいに何一つ手伝ってくれませんでしたが、旦那のおばあちゃんなので私と曽祖母とは、血がつながっていないわけだけど婆ちゃんにとっても私にとっても家族にとっても最高の最期だったと思うのです。通夜や葬式のときも私は大泣きして1年経ってあのときと同じ感情のまま涙があふれなことにも驚きました。泣いたあと気持ちがスッキリ軽くなっていき夢で私に逢いに来てくれたんだよね・・こんなことってあるんだなと思いました。

見えない力に守られている

翌日、爺さんに夢のことを話したら目の下に水溜まり。

涙をぬぐっていました。娘にも話したら「婆ちゃん私の夢にも時々出てくるよ!」と言っていたので、守ってくれてるのかもしれません。1年前の2月、曽祖母の四十九日があり翌日に爺さんが心筋梗塞で倒れ爺さんまで亡くなるんじゃないかと心配しました。でも今思えば婆ちゃんが守ってくれたのだと思います

爺さんは、毎日家の中の片付けをしながら過ごしています。家族や私にとってすごくすごく大事な存在です。ずっとずっと長生きしてほしいです。

爺さんが倒れたのも2月だった・・婆さんが認知症だとわかったのも2月だった・・娘が志望校に合格したのも2月だった・・。偶然のようだけど見えない力に守られているのだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA