キーボードの隙間のホコリをスッキリ取るキーボードブラシ

こだわりのキーボードブラシ
こだわりのキーボードブラシ
こんにちは!Realforceのキーボードを使っている西ちゃん(プロフィールはコチラ)です。

数年前に購入した漆黒のRealforceのキーボード・・こだわって選んで正解でした。もし今のキーボードが壊れたら再び同じタイプを選ぶというぐらい気に入っています。

キーボードのホコリどうしてる?

お気に入りのキーボードは色が黒いのでホコリが目立つんですよね。キーボードのホコリ取り、過去に色々試してみました。

ホコリが酷い画像の見本みたいだなw
ホコリが酷い画像の見本みたいだなw
  1. 黒馬毛のブラシでホコリを払う
  2. ダストブロワーでホコリを飛ばす
  3. キーをハズして洗う
  4. エアブロワーでホコリを飛ばす
西ちゃん
  1. 普段ササっとホコリを払うのに便利なキーボードブラシ
  2. ダストブロワーの風でキーボード奥の小さなゴミやホコリを排出する

この2つの方法なら手間なくスッキリします。

方法 ① 黒馬毛のブラシでホコリを払う

1つめは、黒馬毛のキーボードブラシを使ってサササっとホコリをはらう方法です。・・・ホコリがフワフワっと宙に舞って雪のようにキレイ・・・。( *≧v≦)ノ

ひゃー虫とかホコリが~~
ひゃー虫とかホコリが~~酷い

もう少しクローズアップしてみましょう。虫とかホコリとかホコリ・・汚すぎて閲覧注意だな。

西ちゃん

みんなもこうなってるよね!??!「うん」って言って~~~~~

溝の隙間をササっとホウキで掃くようにホコリをはらう
溝の隙間をホウキで掃くようにホコリをはらう

写真では伝わりませんが肉眼ではハッキリとホコリがフワフワっと!!なって驚かされます。

必要なもの赤田刷毛工業のキーボードブラシを使う
スッキリ度軽いブラシでササッと滑らせるとホコリをはらうのに最適
お手軽度パソコンの横に自力で立てて置ける。(自立式)気付いたときに払える
デメリット日本一値段が高い(←たぶん)キーボードブラシ
メリットキーボードブラシの毛が優しくて大事なキーボードに傷がつかない
手軽なのでこまめにホコリが払える
見た目が洗練されていてオシャレ
ホウキと一緒で気付いたときにササッと掃くことができるのが良い
気付いたときにササッと掃けるのが良い

普段のお手入れにキーボードブラシ♪時々ダストブロワーで飛ばすともっとスッキリします。

キーボードブラシ&エレコム エアダスター( ダストブロワー)最強の組み合わせ
キーボードブラシ&エレコム エアダスター( ダストブロワー)最強の組み合わせ

方法 ② エアダスターでホコリを吹き飛ばす

2つ目の方法は、エアダスターでホコリを飛ばすこと。

西ちゃん

1本あたり330円ぐらい。田舎では売ってないからネットで購入してます。

赤色の細いノズルから出る空気砲によって埃が飛び散ります。

エレコム エアダスター 逆さ使用OK ECO (フロンガス不使用) ダストブロワー
エレコム エアダスター 逆さ使用OK ECO (フロンガス不使用) ダストブロワー

逆さにしても使用できるのとキーボードの内部に入り込んだホコリがシュッと飛ぶのが楽しい。

エアダスター(カセットボンベと同じぐらいのサイズ)
エアダスター(カセットボンベと同じぐらいのサイズ)
必要なものエレコムのエアダスター(3本で1000円ぐらい)
スッキリ度エアの威力は細かく強め。スッキリ度はある
お手軽度パソコン周辺に置けば気がついたときにシュッとできる
デメリット赤いノズルを失くしそうになる
メリット値段が安い(しかも消耗品)

方法 ③ キーをハズして洗う

3つ目の方法は、キートップを専用引き抜き器を使ってをハズし洗うことです。

Realforceのキートップを洗う
Realforceのキートップを洗う

でもキーの配置覚えてないから、はずしたあとはパズルみたいになってパニクるんですよね。

西ちゃん

ブロガーさんたちにエエ!はずしたの??って引かれたw

リアルフォース キートップをはずして洗う
リアルフォース キートップをはずして洗う
Realforceのキートップを洗う
Realforceのキートップを洗う
必要なものキートップ引き抜き工具を使う
スッキリ度キートップをはずして洗うのでかなりスッキリする
お手軽度キートップを洗って乾かす間(一晩)パソコンが使えない。手軽ではない
デメリットキーをはずす作業、洗って乾かしキーの配置に合わせてはめる作業に手間がかかる
静電気ですぐにホコリが付着する
メリット一時的に清潔なキーボードになったかんじがする

方法 ④ ハンディブロワーでホコリを吹き飛ばす

4つ目の方法は、ハンディブロワーでホコリを吹き飛ばすやり方です。

重いから出してくるのが面倒です。

エアブロワー
エアブロワー

ブロワーで風を送ってホコリを飛ばすのですがイマイチスッキリしません。

必要なものエアブロワー
スッキリ度風の威力が強力すぎて別のホコリを吸着してしまう
お手軽度車之隙間など手が届かない場所のホコリ飛ばしには良いけどキーボードの埃取りにはむいていない
デメリット重い。私の手には重い。一応パソコンのすぐ横に置いているけどコンセントをつなげてホコリを飛ばす作業が微妙に面倒、音がうるさい
メリット特になし
西ちゃん

ホコリは吹っ飛びつつも風力が強いので別の場所のホコリが舞いこむ・・

キーボードの隙間のホコリをサッと払うキーボードブラシ

私にとってリアルフォースのキーボードは、大事な相棒で強いこだわりを持っています。ふとリアルフォースのキーボードを使っている人ってどんなキーボードブラシを使っているんだろう?と検索したとき見つけたのが赤田刷毛のキーボードブラシでした。

西ちゃん

リアルフォースのキーボードを使うような人は、キーボードブラシも超お高いのを選ぶんですね

キーボードブラシの値段は、ピンきり

キーボードブラシの値段はピンきりでした。

  • サンワサプライ・キーボードクリーニングブラシ、静電気ブラシ 500円
  • エレコム静電ブラシ 800円
  • ダイヤテック FILCOキーボードブラシ(馬毛) 1000円
  • 赤田刷毛工業 キーボードブラシ(黒馬毛) 3000円
西ちゃん

ダイヤテックFLICOのキーボードブラシもカワイイけど赤田刷毛工業の静電気ブラシの佇まいに惹かれた

縁起の良い黒馬毛

ダイヤテックのFILCOキーボードブラシなら1000円台で購入できます。ダイヤテックのFILCOも個人的には好きなメーカーで静電気が起きにくい馬の毛を使っている点も赤田刷毛と同じです。

値段が安くてナチュラルなダイヤテックのキーボードブラシ。

でも赤田刷毛は、黒馬毛なんです。ただの馬の毛ではなくて黒馬毛

天然素材の良さが際立つ
天然素材の良さが際立つ

3倍の値段がついている赤田刷毛のキーボードブラシ。究極の選択です。でも縁起のいい黒馬毛を使用!の文字が私のハートを打ち抜きました。

西ちゃん

馬は、隙きがない最強の動物と考えられており風水でも黒馬は金運の守り神です。黒い馬は、跳ね馬といわれ「飛躍する」「勢いが付く」という意味があります。

パソコンの横にどっちを置きたいかといったら、赤田刷毛のキーボードブラシなんですよね。

こだわりのキーボードブラシ
こだわりのキーボードブラシ
西ちゃん

金運が上がるなら3000円でも買いかも。海老で鯛を釣るみたいな?

カラーバリエーション

赤、黒、公式サイトでは、紺(青)、緑、オレンジ、朱色の販売がありましたよ。

西ちゃん

自分が好きな色を選ぶのがベストです。参考に色風水をメモしておきます。

赤は人気運UP、邪気を払うのが黒。紺色は集中力を上げる色。仕事運に効果が集中力UPでパソコン周りに良いって言いますよね。緑は健康運を上げリラックス効果。パソコン周りの無機質な空間との相性抜群。オレンジや朱色は金運やる気UP。

黒もオレンジもどっちもステキなキーボードブラシ
黒もオレンジもどっちもステキなキーボードブラシ

どの色もステキで迷いましたがパソコン周りは黒か白に統一しているので自分用に黒色。

次男用は、オレンジにしましたよ。

オレンジもめちゃくちゃ好みの色なんですよね。オレンジも金運UPしそうですし。

オレンジも黒も金運UPしそう
オレンジも黒も金運UPしそう

ツヤは抑えてありますがマットではなく上質な艶感。ギラギラしてなくて上品な雰囲気がします。

西ちゃん

指紋や手汗、汚れが気にならない材質でしたよ♪

柔らかく上質な毛ざわり

ホコリを払っても毛抜けはありません。柔らかく上質な毛ざわりです。手ざわりっていうのんでしょうか?

私は馬も撫でた経験がありませんが、程よくしなるのでホコリが舞い上がり驚きました。

マウスの細い溝に溜まったゴミもはらう
マウスの細い溝に溜まったゴミもはらう

パソコンの横に置いても絵になるしマウスの細い隙間や溝にたまったホコリもササッと払えるのがうれしい。

形は茶筅みたいなので、ホコリ払うためのブラシ(いかにも掃除します)というかんじではなくて良きです。

立てて置ける(自立式)

立てて置ける(自立式)で凛として上をむいてる雰囲気。

台座が付いているタイプ
台座が付いているタイプ
台座が無くても自立して立っている
台座が無くても自立して立っている

持ち手 底部に錘が付いているので起き上がりこぼしのように動きスッと立ち上がる姿もカワイイ。重さがあるのでメモ帳の文鎮代わりにも使えるしペーパーウェイトとしても活用できるんですよ。

手になじむ天然木

木に触れたときのあたたかさは、プラスティック製品では得られないものです。

赤田刷毛のキーボードブラシは、手になじむ天然木。自分の意識まで高めてくれそうなアイテムです。パソコン周りをお気に入りのもので揃えたい人におすすめですよ♪

価格
高い
安い
デザイン
乏しい
オシャレ
使用感
悪い
良い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA