あやめの花が咲いた日に婆さん旅立つ

あやめ 大家族のこと

毎日、お変わりなくお過ごしでしょうか??ブログ記事は予約投稿にしているため普段通り更新を続けていましたが私、、、怒涛の一週間を過ごしておりました。土曜日に婆さんが亡くなったからです。

3年前認知症と判明、昨年大腸がんとわかり手術をしたものの三ヶ月後に転移が判明。余命1年の宣告を受け家族で治療をしない方針を決めました。本人も周りにも病名を伝えず春を迎えました。体調の波はあったものの亡くなる直前までディサービスに通うことができました。

50年以上連れ添っている爺さんは、悲しみにくれていました。喪主は、爺さんではなく旦那でした。

婆さん最期の日

亡くなる前日、高熱でうなされていた婆さん。座薬を挿しパットを替えて ずっと手をさすりながら「あやめの花が咲きかけたよ」と枕もとで話し続けていました。婆さんは、水分を摂る力もないようで しんどそうでした。

あやめ

翌朝は快晴。前日の熱が嘘のように下がり婆さんは、穏やかな顔をしていました。一輪しか咲いていなかったあやめの花が一気に咲き始めたので、あやめの花が咲いたことを話しました。「隣家のかきつばた(か菖蒲)は、紫で背が高い、うちのは背が低い、住んでる人に似るのやね」。

前日とはうって変わってゴクゴクと美味しそうに水分を摂っていました。私は、家族のことを話し続け婆さんは返事もできないし声も出せないながら、優しい顔で聞いてくれていました。

手をさすっても握り返す力もありません。ずっと話していたら婆さんの目から涙がこぼれて・・

(涙を拭いて・・)という仕草をしたので泣きながら婆さんの涙を拭いました。私が見た最期の表情は穏やかで優しいものでした。高熱が下がり私も爺さんも安心していました。

その日は、訪問看護が来る日で息をしていないことに、気づいたのは、看護師さんでした。爺さんも慌てて「婆さん冷たくなってる」と血相をかえて走ってきたので「朝 元気やったのに」と冷たくなった婆さんを家族で囲みました。医師に看取りをしてもらい、、、そこからは、通夜や葬儀の準備に大変大変でした。

物が少ないと片付けが簡単

3年前に100歳の大ばあちゃんが亡くなったとき、洗濯物や家族の衣類カゴを移動するのが大変だったとブツブツ言ったせいか?旦那は、真っ先に洗濯物や衣類カゴを移動していました。

3年前と違うのは、物が少なくなったことです。あたりまえですが物が少なければ片付けも簡単です。
余命宣告されていたことで通夜や葬儀がある前提で生活をしていたので3年前のパニクり度とは全然違いました。笑。

GW中 知り合いと「終活」について語りあっていたので家の中の不用品(鍋やハンガーや洗濯バサミ)も断捨離しまくっていました。

不用品コーナーのゴミ

家の中から家の「不用品コーナー」に置いて、ゴミの日に家から外に出したら、我が家の断捨離が完結します。燃えるゴミはおじさん担当。

燃えないゴミは旦那の担当です。

西ちゃん
旦那は、まとめてドーンと捨てにいくタイプ。いつ葬式があるか分からないので、こまめに捨ててもらいたかったなぁ

・・通夜の日が「燃えないゴミ」の日で燃えないゴミを出しにいけなかったことと、先月の「燃えないゴミ」も旦那が怠けて持っていってなかったので不用品コーナーがめちゃくちゃ汚いことになっていたことだけが失敗でした。

リサイクルゴミ

燃えないゴミ

近所の方が台所に入られるので台所の整理整頓、カーテンの新調、礼服の新調。いろいろ想定して準備をしたものの、通夜葬儀は、ある日突然。バタバタです。コレを機に旦那にも「人はいつ死ぬかわからない」を叩き込もうと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました