認知症家族の介護経験談

100才で亡くなった旦那の祖母を介護して看取りました。我が家には病院で療養中の車椅子のオジサンと自宅療養中の精神障害のオジサンがいるのですが、中でも大変だったのは、旦那の母親(義母)が認知症になったことでした。

いつ終わるとも終わりがない介護にストレスも溜まり精神も崩壊していき旦那ともギスギスと喧嘩ばかりしていて・・かなり毒を吐いています。

手を握る
手を握る

そんな義母も亡くなってしまってからは、穏やかな思いだけが残っているのです。

介護をしてるときは、精神的にきつかったですし大変だったのは終わりが見えないからだと思います。

西ちゃん
義母が亡くなり優しく濃厚な日々だったということしか覚えてないんですよね・・不思議です。

義母は、亡くなってしまいましたが「婆さん見守っていてよ~~」とあれこれお願いしながら・・仏壇に線香をあげています。

認知症の介護の日々の記録です。