夏休みの工作グッズ
断捨離

何かに使うかもという呪縛で捨てれなかった夏休みの工作グッズの断捨離

縁側の押入れスペースには、めったに使わない物を入れています。何度か断捨離をしているので不用品は少なくなりましたが工作グッズを残していました。中には100円ショップで買った和紙と木のカワが入っています。子供たちの工作用に買い求めたものです。何かに使うかも??と思ってとっていたのですが・・家族全員、私も、工作グッズが家にあることを忘れてました。笑。和紙は、100円ショップで買ったもので新品のため捨てづらく。木のカワは、10年ぐらい前に木工工作で使ったものでもったいなくて捨てられず。あれかれ10年。使わないのにずーっと押入れに入れていました。

西ちゃん
存在すら忘れていた工作グッズ
夏休みの工作グッズ

何かに使うかも?という呪縛

工作グッズは、何かに使うかも?という呪縛で捨てられませんでした。しまっておいたことすら忘れてしまうので「何かに使った」記憶は、一度もありません。何かに使うかもという謎の呪縛・・私は、昔の自分に言いたいです。そんなもの十年間一度も使わなかった!と。

新品のものや値段が高いものは断捨離しにくいです。家族に「捨て魔」がいれば迷わず捨ててしまえるのですが、我が家は「とりあえず取っておけば?」と無責任発言な家族が多めため物が溜まりがちです。

針金

思い込みで捨てられない

考えてみたら、何かに使うかも?あると便利だからとっておこう!と思っても再登場は、ほとんどありません!

捨てずにとっておいたくせに何年も使っていないものがたくさんあります。何かに使えそうと捨てないのは、捨てるのに抵抗があるのかもしれません。
捨てられないじゃなくて、捨てたくないから言い訳しながら取っておくんですよね?お金を出して買ったから何か役立って欲しい・・捨てるのは、いつでも出来る!その積み重ねなんだと思います。何でもかんでも捨ててしまうと不便なこともあるけど捨ててしまったところで不便なことなど無いのだと思うし代用品で澄むことだってあるんだろうなー。

針金を見るたびに過去の挫折を思い出す

夏休み中、針金アートを作ろうと子どもたちと悪戦苦闘しました。「お母さんが見本を見せるね」となるはずでしたが我が家で針金を自由自在に操れる器用なやつは、一人もいませんでした。針金を見るたび、胸が苦しくなります。

西ちゃん
(泣くほどぢゃねーか?)

針金アートはできなかったけど、家の修繕に針金が役立ったよ・・ってことも無かったです。

西ちゃん
過去の失敗、挫折、屈辱を何らかのカタチで昇華させたいという。

夏が終わる季節の変わり目で私は夏休みの工作グッズを断捨離しました。人間は、生きているだけで物に囚われがちです。こんなんだからミニマリストにはなれそうにありません。ただ「何かに使えるかも?」と考えて逃げる癖だけは気をつけようと思いました。

2 comments

  1. 今晩は。

    何かに使うかも……..と言って捨てられない物って意外とあるもんですよね。
    過去に趣味でミニチュア物を作るって事が好きだったので大がかりな物は無いけれど細かい物が沢山保存してあります( >Д<;)
    悠々自適な老後にでも作って遊ぼう!なんて思っていましたが、年齢と共に段々老眼が酷くなり今では時間が無い事を理由に放置してます(^_^;)))

    直近で作った作品は3年前(´д`|||)

    そろそろ本気で片付けしないといけませんね(^_^;)))

    • るぅさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます♪ミニチュアなんて、カワイイ趣味で良いですね。悠々自適の老後に楽しめる趣味があってうらやましいです。
      >年齢と共に段々老眼が酷くなり今では時間が無い事を理由に放置してます(^_^;)))

      わかります。わたしもどんどん見えなくなっています。ミシンの糸を通すのも目が見えないし・・もう「かん」と気合で針に糸を通しています。ミシンの自動糸通しついていたのですが壊れてしまって使えないのです~~今まさに使いたいお年頃なのに!!笑。
      直近いつよ?と問いかけると捨てて良い物、捨てたほうが良い物が見えてきそうです。普段は意識をしていないですからね~~わたしも最近、また第二次か第三次断捨離ブームです。「はしか」みたいなものですけどね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com