ベッド・マットレスの断捨離

マットレス 50代主婦の断捨離

私も旦那も畳に布団です。エアリー敷布団は寝心地抜群♪

エアリー敷布団

子どもたちはニトリのベッドやマットレスを使っています。爺さんもベッドで眠っています。もともと2階に置いていたベッド・マットレスを娘が帰ってきたとき用に1階におろしてきました。でも娘は数ヶ月に1度しか帰ってこないので私と旦那と川の字で眠れば良いや(というか毎回そうしているので)「マットレス捨てて良いよね」ということになりました。

マットレス

ボックスシーツも処分しました。

狭い四畳半の部屋に置いていたので圧迫感がヤバめでした。マットレスを大型ゴミとして出すために移動しただけで四畳半が広く感じられました。使いもしない物を置くほど無駄なことはありません。

ベッド・マットレスの処分にかかった費用

私の地元では大型ゴミは1個500円で毎月1回収集日があります。平日のうちに大型ゴミの処理シールをもらっておかなければいけませんが、たった500円で邪魔なマットレスが処分できたので良かったです。

重くて大きい粗大ゴミは、地元の大型ゴミ収集日に持っていき処分します。反対に軽くて大きなゴミは、処分場に直接搬入したほうがお得です。10キロ100円で引き取ってもらえるからです。お布団なども地元の収集日に持っていくと1組500円ですが、処分場に直接搬入すれば重さで処理費用を払うので200円~300円で処理できます。

湿度の高い日本、畳に布団が最適

湿度が高い日本では、フローリングにベッドの生活より畳に布団が最適です。ベッドを使っている人やベッドを断捨離した人が口々に「ベッドがカビてしまった」と言うのを聞きますが、うちもフローリングに布団を敷いたらフローリングがカビました。子どもたちの部屋は、皆フローリングなのでベッドにしています。すのこベッドでも湿気が溜まるのでカビます。私と旦那なんて、敷布団は1ヶ月に2~3回干すか干さないかですがカビは生えないです。前のせんべい布団のときも畳の上なら7年でも10年でもカビていませんでした。畳の威力はスゴイです。万年床のすすめではありません。笑。

布団やマットレスにカビが生える問題

結局フローリングに布団を敷いてもフローリングにベッドにマットレスや布団を敷いても畳部屋以外は、 カビが生えます。敷きっぱなしはもちろんのこと、布団をあげても、マットレスをあげていてもカビるものはカビます。

すのこベッド

日本の家屋も洋風化していますが、畳や障子や襖や縁側などは日本の環境に合うように作られています。梅雨の時期に連続して雨降りが続いたり夏になっても雨ばかりの年もあります。日本の湿度をカビ問題は切っても切り離せません。布団乾燥機を使って一人ひとりの布団をガンガン乾かすのもありですが電気代はかさみます。

西ちゃん
うちでは、象印 ふとん乾燥機 スマートドライを使っています。各部屋を移動しながら布団乾燥するのに重宝しています

花粉や梅雨で布団が干せない

毎日のように布団を干せれば良いのですが花粉の時期は、外に干せないですし梅雨の時期はジメジメしていて外で干せません。フローリングから畳の部屋にリフォームするのも予算がかかります。私は、ズボラなので毎日布団の上げ下ろし面倒だなと思うタイプですが、気をつけていてもカビるものはカビるんですね。汗っかきな男性がいる家庭では、敷きっぱなしでも安心な除湿シートを使ってみると良いかもしれません。→西川リビング からっと寝 調湿シート

西ちゃん
西川のからっと寝(除湿シート)は、湿気ってくると除湿センサーがピンクになるので干すタイミングが分かりやすいようです。ピンク色になったら、外で干すか布団乾燥機で布団と一緒に干せば元通り青色に戻ったら繰り返し使えるので経済的なんですね。

ストレス耐性(ストレスに耐えられる強さ)

ストレスに弱い人が「悩みすぎて昨夜は眠れなかった」と言っていました。私は悩み事があっても「眠ると一晩ですぐ忘れるタイプ」で気がつくと眠っています。眠りが浅い人ほどストレスを受けやすいようです。私がストレスに強いのは、鈍感ということもありますが、とにかくあっという間に眠っています。エアリー敷布団に変えてから「朝のすっきり感」が違います。「ぐっすり眠った」とパッと起き上がります。もともと寝付きも寝起きも悪かった人なのでビックリです。

浅い眠りでストレスが増加する

ストレス耐性は過去の経験値やスキル(能力)思考の癖や性格や気質が影響しますが「よく眠る」ことが大事です。眠れない程悩んでしまうような人は、お布団(敷布団)を替えるべきだと断言したいです。慢性的に寝不足の人は、異常にハイテンションで間接自慢をして周りに敵を作ります。

眠れていないので人に対して攻撃的。言わなくても良い一言を言い放ち周りから浮きます。職場の同僚や上司に、睡眠不足の人がいたら集中力や記憶力、判断力が乏しい人のはずです。

最近では面接試験で職場の環境に適応できるスキルとストレスに抵抗する力(ストレス耐性)を重視するといいます。眠りは大事と簡単に言いますが眠るための環境を整えることはもっと大事です。ストレス溜まりがちな人は、睡眠環境を見直してみると良いかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました