コップとグラスの断捨離

コップの断捨離 断捨離で人生は変わる

中山真由美さんのリセット片付け術に感化されて今日は、朝からコップとグラスの断捨離を決行しました。中山式のリセット片付け術の手順は、3つの流れです。

間取図

家の間取図久しぶりに描きました。間取図を描いているうちにお片付けをしなければと思いながら後回しにしていた場所を思い出しました。今すぐ片付けたい場所にオレンジ色の斜線。旦那にも間取図を見せて「どうしたら良いと思う」と聞いてみました。旦那は、何も考えていないようでボンヤリした答えしか返ってきませんでした。笑。家の各部屋に家族全員が意識を向ければ、主婦の私1人が頑張らなくてもキレイをキープできるはずです。

間取図を描き片付ける場所を決める

間取図を描くと、片付ける場所が明確になります。部屋全体でも引き出し一段でも良いので「今日はココ」を決めるだけです。描いていると「どこを片付けよう??」とあっちもこっちも今すぐ片付けたくなりワクワクしました。今朝も朝5時に目覚めてしまった程です。私みたいに元々片付けが苦手な人は、あちこち片付けるより特定の場所だけのほうが集中できて良いです。

  1. 間取図を描いて片付ける場所をピンポイントで決める
  2. ビフォー写真を撮る
  3. 不要なモノを出す

食器棚

嫁入り道具の食器棚は、ほぼ物が入っていません。食器棚も処分しても良いと思っているぐらいです。新築の家は、作り付け収納が主流なんでしょうか?我が家は築20年ですが、大工さんが間仕切り収納棚を設置してくれたのを知らずに嫁入り道具でもってきてしまいました。当時は、当たり前に嫁入り道具を買い揃えましたが棚もタンスも、本当に無駄遣いだったし今は置き場所に困るし処分もできません。用途を失って何も入っていない食器棚に・・普段使っているコップを集めてみました。

コップ

うちは、旦那がコップを使うぐらいで私も子どもたちもコップはほとんど使っていません。長男は自分用のコップを使っています。ほとんど使わないから台所特有の油っぽいホコリで薄汚れています。こいつらを、まずは洗い清めます捨てるにしても成仏するはずです。

捨てる捨てないを決める前に洗い清める

捨てる捨てないを決める前にしっかり洗うのは私なりの儀式です。洗うと「捨てるの勿体ないかな?まだまだ使えるし」と冷静になります。

洗浄

西ちゃん
コップには、洗いにくい深いコップと洗いやすいコップがあるものなんですね。洗ってみて初めて実感しました。私も子どももマグカップ派でコップを使うのは焼酎を飲む旦那ぐらいです。ということは1人のためにコップは、持ちすぎですよね??

洗いにくいコップの断捨離

洗いにくいコップを洗っていたら「こいつら絶対に断捨離」と憎々しく思えてきました。洗いにくいコップは、洗うのが面倒だから自分は一切使わないので燃えないゴミ袋行きです。元々家には揃いのコップが無くて3年前葬儀の合間に親戚の人にお願いして100均で買ってきてもらったものです。100均なので揃っていませんし数も足りません。サイズも微妙。

結婚祝いで頂いたグラス。クリスマスに子どもたちがシャンパン飲むとき使っていたぐらいなので2つ残せばいいかなと・・用途や頻度を考えると家の中は不用品だらけですね。

コップとグラス

コップは、特に意識をしていませんでしたが改めて見直すと要らないもので溢れています。気づかないだけなんですよね。

コップの断捨離

普段使いのコップだけを残し、あとは断捨離。

コップの断捨離

並べてみると全部断捨離するの?って思います。割れてないですしまだ使えそうですもん。コップやグラスは割れ物なのでコップやグラスが入る入れ物(不要になった鍋)があれば良いなと思っています。一応、私の住んでいる地域では、コップやグラスは中身が分かるように捨てる決まりになっています。今は割れていませんけど運ぶ途中で割れてしまいそうな気分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました