プライスレスな思い出写真を断捨離

衣服、食器、日用品、お金がかかっていないモノ(安物)は捨てやすいです。でも高かったよなコレという高額のモノは捨てにくいです。そして捨てにくいのが、プライスレスな思い出です。とくに写真は、プライスレスな思い出。お金では買うことができません。

父親がカメラ好きだった影響で私もカメラ好きになりました。下の子もカメラ好きなので、写真好きのDNAは受け継がれています。

写真は撮るのも撮られるのも好き

写真は、撮るのも撮られるのも好き。だから、すごくたくさんの写真があります。結婚するまでの写真は12冊のフォトアルバムに整理して嫁ぎ先に持ってきました。アルバムを開いたのは、20年間に1回だけ。2011年プロフィールを作るためにアルバムを開き5年ぶりに今日(2016年)アルバムを開きました。以前の私と違うのは、写真を捨てる気まんまん気でアルバムを開いたところです。ブサイクに映っている写真をアルバムからベリベリ剥がしていきました。正直気持ち良かったです。

西ちゃん
不細工な写真が多く写真を剥がしすぎ爪が痛くなりました。

私が捨てた過去の写真

捨てた過去の写真は、当時着ていた格好がダサいとか昭和感満載だったり、一時的に太っていた頃の写真です。太っていた頃の写真は、誰にも見られたく無いので全部捨てました。昭和バブリーな髪型の写真も捨てました。過去があり今に至っているのですがGパンに服をインした写真など誰得なんでしょう??全部断捨離いたしました。

アルバム

成人式の写真も断捨離しました。振り袖レンタルで20万円かかりました。母親は行事になるとお金に糸目を付けない人だったので、結構良い着物だったと記憶しています。写真館にわざわざ連れて行き「お見合い写真になるから」と記念写真も撮ってきました。親には申し訳ないと思いましたが前髪をくるんくるんに巻いた髪型は自分でも恥ずかしい過去(黒歴史)思い出は大事ですがサクっと処分しました。当時は、青色が好きだったようです。成人式の自分の顔を遺したくないと思い断捨離しました。

成人式の写真も断捨離

立派な台紙に入っていたので母親に対して心が痛みました。でも捨ててしまったらどうってことなかったです・・。お見合い写真風の写真を撮ってから30年も経過しているのです。これからも誰かに見せる機会はないでしょう。

捨てたもの(仕事で使ったノート)

仕事で使っていたノートが入ったダンボールごと見つかりました。20年間一度も開いていません。子育てが終わったタイミングで仕事復帰しようと思っていたのかもしれません。でも、仕事復帰することはありませんでした。箱ごと断捨離しました。頑張っていた過去の私にも決別です。

仕事ノート 仕事ノート断捨離

残したもの(楽しかった当時を思い出す写真)

当時は、横に長いパノラマ写真が流行っていました。会社にいるときは、先輩や後輩・同僚とスキー旅行にたびたび行きました。楽しかった当時の思い出なので残すことにしました。20年経った今も、良い笑顔、良い仲間だったと思うし捨てられません。ただ思い出の写真も定期的に見直すことで少しずつ減らしていけるような気がしています。

パノラマ写真

残したもの(お客様から頂いた手紙)

達筆な人ほど筆まめです。お客様からのお手紙を読み返しながら捨てられないと思いました。ラインもメールもある現代、何でも簡単に思いを伝えられます。30年前は、今よりずっとアナログな時代で人に伝えることを今よりみんなが大切にしていました。文字や書き方に人柄がにじみでるような、ラインのデジタル的な文字よりも空白に余韻に思いがあふれるような。

デジタルな時代に一文字一文字丁寧に書かれた手紙を読み返しぐっときました。忘れかけていた感覚を手紙が思い出させてくれるので残すことにしました。

西ちゃん
男性からのお誘いの手紙も紛れていましたが気持ち悪くなり全部捨てました。過去にモテた勲章など残しても仕方がありません。
tegami

捨てられないモノ、捨てにくいモノ

家にあふれるたくさんのモノたち。腐っているもの、傷んだモノ、壊れたモノ、まったく使わないモノは、躊躇なく捨てられます。高額なモノ、ブランド品は捨てにくいです。いつか使うかもしれないモノは迷いが生じます。

「思い出」のモノには価値はありません。今をこれからを生きて行くとき過去の思い出など不要です。思い出のモノは価値はないけど、一度捨てたら二度と元には戻りません。今の時間軸を生きる自分自身のモノサシで残す、捨てるを決めれば良いと思います。

「自分が死んだあと」を想像しアルバムを整理整頓する

誕生から結婚前までの写真は、「永久保存版」として結婚前に整理しました。そして「自分が死んだ後、遺族が私のアルバムを見る」ことを想定して断捨離しました。本当は、自分が死んだあとに家族に見て欲しい写真だけで十分です。思い出の写真はプライスレスです。

  • 残すべき写真(良い顔で写っている写真)
  • 残すべき写真(その写真を見ると気持ちが高揚する写真)
ときは流れる、思い出写真の更新

今、捨てられないと思った写真は、数年後も捨てられないかもしれないし捨てても良いと思うタイミングが来るかもしれないですし無理に断捨離することはありません。写真や過去の思い出は、上書き保存するものと名前をつけて保存するものがあっていいと思うのです。頭の中でアップデートしていき思い出写真を更新していけば過去の写真のヤマが宝物になります。宝物は、少しだから価値があるしたくさん持ちすぎたらホコリをかぶって見る機会すら失われます。キモチの拠り所として少しだけ残すことも大切です。ときは流れ年も重ねていきます。プライスレスな思い出も割り切ることで今をよりよく生きることにつながるのかもしれません。

2 件のコメント

  • 時代を感じますね。パノラマ写真。スキーウエアー。思わず。え?私?なんて思いました。
    西ちゃんは、高山市にお住まいですか?「君に名は」で、今、注目されてますよね。
    私も、写真の断捨離は、いまだ手を付けられない状態です。

    • うさたなさん、こんにちは。出身は飛騨高山ですが、現在は田舎に在住です。君の名は・・で話題になっててびっくりしました。パノラマ写真にスキーウエアー、あの時代は、みんなあんな感じでしたよね。それより、もう少し前の写真になると会社に入りたてで垢抜けて無くて芋ねえちゃん全開です。笑。写真の整理整頓は、難しいです。自分では、捨てたつもりですが残した写真の方が多いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA