耐荷重100kgの洗濯物干しスタンド「頑丈ハンガー」

川口工器頑丈ハンガー
川口工器の頑丈ハンガー(幅116センチ)

川口工器の洗濯物干しスタンド耐荷重100kgの「頑丈ハンガー」を買い求めました。96センチ、116センチ、136センチ、156センチの中から私が選んだのは、幅116cm(耐荷重100kg)の頑丈ハンガーを2つです。

低価格な物干しスタンド

今まで使っていた室内干しスタンドは、ホームセンターで買い求めたものです。4000円の物干しスタンドは洗濯物をたくさん掛けるとグラグラ安定感がありませんでした。

6000円の物干しスタンドもたくさん掛けると倒れることもありました。ホームセンターで買った物干しスタンドは、組み立てが簡単で値段も安かったのですが支柱が歪んだり外れたり抜けたりするので安かろう悪かろうだなと思っていました。

家族5人分の洗濯物が掛けると不安定で使いにくいなと思っていました。

物干しスタンド値段も手頃なだけあって耐荷重も、それほど無いのです。雨降りが続くときは、干し方を気をつけないとバランスを崩して倒れてしまうので使いにくいなと感じていました。

室内干しスタンド

パイプがはずれるとかありえないのですが、いつもこんなかんじでした。

ゆがみ

パイプが抜けてしまって物干しスタンドごとぶっ倒れているのです。当然洗濯物も床に落ちてしまいます。

支柱が歪む

ホームセンターで買った室内干しは、縦支柱と横バーは差し込み式のため簡単に取り付けられますが安定感が無いのです。

わが家の洗濯物干し部屋

我が家は、四畳半の部屋を洗濯物干し用の部屋にしています。以前は、縁側で干していましたが縁側で除湿機をかけると電気代がかさむだけで乾きにくいですし非常に効率が悪かったのです。

今は、四畳半という狭い空間で除湿機をかけるので洗濯物がよく乾きます。もちろんお天気が良い日で自分が家にいるときなどは、外の物干し竿で洗濯物を乾かします。

西ちゃん
四畳半でももっと狭くても洗濯物を干す専用のコーナーは各家庭に1部屋は、あると便利です。

除湿機を置く場所を縁側から四畳半部屋に移動しただけで毎月の電気代は9000円も安くなりました

除湿機を置く場所

雨が続く日、花粉症の時期は、室内干し

雨降りや花粉症の時期になると室内干しにするので私にとって頑丈で倒れない物干しスタンドは、あったら良い物のランキング1位でした。

美容院に背の高いスタンドが置いてありました。手作りだったので聞いてみたら着物などを掛けるために大工さんに特注で作ってもらったそうです。足元が頑丈にできていました。私が自宅の室内干しに洗濯物を干すとバランスが悪くて支柱が折れて歪む!という話をしたら「布団干しを利用すると要らない時は、コンパクトに収納できるし便利ですよ」と美容師さん。

剣道着や学生服も一緒に掛けたい

子どもや私の剣道着や子どもの制服や学生服も一緒に掛けると重さで歪んでしまっていた物干しスタンドを耐荷重100キロの頑丈ハンガーに変えるわけです。頑丈ハンガーが届いたので早速作り始めました。部品は、これだけです。

川口工器

支柱などが入った袋に「短」、「長」と書いてあるので迷わず組み立てられました。

川口工器頑丈ハンガー

最初の1台目は、組み立て終わるまで30分くらい。2台目は20分ぐらいで終わりました。

耐荷重100キロ頑丈ハンガー

縦支柱と横バーが一体型なのでグラグラしません。組み立て終わった頑丈ハンガーを運ぶとズッシリ重みがありました。病院の点滴スタンドより安定感があります。鉄棒みたいな抜群の安定感と頑丈さです。

川口工器頑丈ハンガー

長く伸ばしても安定感があります。私は背が低いためこれ以上高くしませんが、値段が高かったですが2019年買って良かったモノのベストテンにランクインしますね。これは!気に入りました。

頑丈ハンガーラック

普段は、洗濯物をドサっと掛けています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA