デスクトップパソコン×モニターをHDMIケーブルでつなぐメリット

HDMIケーブル 1m ハイスピード 3Dコネクタ [KM-HD20-3D10]サンワサプライ 買って良かったもの

デスクトップパソコンとディスプレイモニターをつなぐ前に、パソコン側の出力端子とディスプレイモニタ側の入力端子を確認しなければいけません。

DisplayPort

DisplayPort

HDMI

HDMI

主な端子は、4つ。新しいPCやモニタだとアナログ端子が無いことがあります。

また低価格のスタンダードモニタだとHDMIやDisplayPortが無いことがあります。背面の写真を撮って店員さんに見てもらうか自分で調べるしかありません。素人目に分かりやすいのは、デジタルとアナログ。

入力端子の確認

入力端子

  1. アナログ端子、D-Sub 15ピンミニ(VGA)
  2. デジタル端子、DVI
  3. HDMI端子
  4. DisplayPort端子

ケーブルの選び方

入力端子

HDMI

PCとモニタをつなぐケーブルは、アナログよりもデジタルのほうが高画質になります。

またデジタルよりもDisplayPortのほうが高解像度で高速といわれています。

ディスプレイがDisplayPortに対応しているなら複数のディスプレイどうしを数珠つなぎに接続できます。2画面のデュアルモニター(ダブルモニター)でも、3画面のトリプルモニター(トリプルディスプレイ)でも増やしていけるのです。

アナログ(D-Sub)→デジタル(DVI)→HDMI→DisplayPortの順に登場しています。ただパソコン側とモニタ側の接続端子を確認しないといけません。後発のHDMIやDisplayPortは新しい規格ですが、そもそもパソコンやモニタ側が対応していなかったら使えないのです。

デジタル(DVI)より優れているのは、HDMI。HDMIより高速なのはDisplayPortですが後発のDisplayPortは、全てのディスプレイ機器に対応していません。

高画質、高解像度、高速だからといってDisplayPort、端子(コネクタ)を選べば良いということではありません。

私は、買うときにうっかりミスしがちなので、サンワサプライやケーズネット店で確認、商品名をEvernote (エバーノート)にメモしてから買いに行きました。買ったあとAmazonで調べたらAmazonで最安値で売ってありガッカリしました。

最初からAmazonで買えば良かったです。実際の使用感は、縦方向でも横方向でも回転する3Dコネクタで使いやすかったです。

ノートPCやデスクトップPCのマルチモニタ化にはHDMIケーブルも便利です。

西ちゃん
ケーズで買ったら2000円程。Amazonではm1000円程で売られていました。サンワサプライ ハイスピードHDMIケーブル 3Dコネクタ 1m KM-HD20-3D10

KM HD20-3D10

デスクトップパソコンとディスプレイ2台で2画面デュアルモニタにしていますが、低価格&古いタイプの液晶モニターは、アナログ端子、デジタル端子、HDMI端子の3つ。

パソコン側にDisplayPortコネクタがついていても、ディスプレイ側にはDisplayPort端子がなかったので使えませんでした。というわけで、以下のような接続方法にしました。

サブモニタ(アナログ接続)メインモニタ(デジタル接続)

サブモニタ(デジタル接続)メインモニタ(HDMI接続)

アナログより、デジタルDVIより、HDMI?

アナログケーブルでつなぐよりデジタルケーブルでつないだ方が、画質は断然キレイです。キャリブレーション(色温度)も明確に違います。ですがデジタルケーブルとHDMIケーブルの、見え方の違い画質の違いは、ありません。厳密には違うかもしれませんが、視覚的な差や違いは分かりませんでした。アナログとデジタルを比較するとアナログは若干タイムラグが生じます。ただアナログだから仕方ないかと許せるレベルです。笑。気になりません。アナログとデジタルに見え方の違いは、あってもデジタルとHDMIの見えかたに違いはありません。ぶっちゃけコネクタを変えてみただけじゃん?と思ったほどです

時代を経て高画質液晶モニタを買ったら差があらわれるのかもしれませんけど。笑。

DVIデジタル接続とHDMI接続の違い

液晶ディスプレイモニタをつなぐ場合、DVI(デジタル)接続とHDMI接続

DVI端子よりHDMI端子のほうがカッコイイ

ハイスピードHDMIケーブル 3Dコネクタ

のコネクタは見た目にも金ピカしていてカッコイイです。DVIの白色よりHDMIの金色のほうが値段高そうなイメージです。HDMI端子の金色は、無酸素どうを採用し金メッキ処理されています。別に伊達で金色にしたわけではなくて経年変化による画質や音声の劣化が起こりにくい製品です。

HDMIやDisplayPortのメリット、デメリット

後発のHDMIケーブルやDisplayPortのメリットは、新しいこと、後発なこと、高画質なことです。しかし普及率でいうとアナログ(D-Sub)は廃止傾向ですが、デジタル(DVI)の普及率が高いことです。HDMI端子の有無、DisplayPort端子の有無は確認しなければいけませんがデジタル(DVI)端子は、必ずありますからね。(2019年現在の話ですが)

デジタル(DVI)のメリット

デジタル(DVI)コネクタのメリットは、普及率と外れにくい構造ということです。デジタルコネクタは、挿し込んでから左右のネジでしっかり固定します。外れにくく抜けにくいのがメリットです。反対にHDMIケーブルは、ネジが無く挿し込むだけの構造です。簡単に抜けやすいのです。

デジタル(DVI)になくてHDMIでできること

デジタルDVIになくて、HDMIでできることは、デジタルDVIは、映像だけ。HDMIは、映像も音声もケーブル1本で伝送できます。私は、ワイヤレススピーカーなのでケーブルが増えた、減ったのメリットはありません。ヘッドフォン音声やステレオ音声のノイズも解消できます。何よりケーブルが少ないのはメリットですし。

HDMIケーブル 1m ハイスピード 3Dコネクタ [KM-HD20-3D10]サンワサプライ

西ちゃん
サンワサプライでコチラを購入しました→HDMIケーブル 1m(ハイスピード)[KM-HD20-3D10]3Dコネクタは、どちらの方向にも回転し自由に折れ曲がり狭いスペースでも使いやすいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました