LINEグループからの招待を拒否する(人間関係の断捨離)

ライングループ

30年以上会っていない高校の同級生からLINEグループの招待がありました。メンバー40人中23人がグループに入っていました。苗字も変わっていました。仲の良かった友達の顔が頭に浮かび「拒否」か「許可」で悩みました。グループには担任の先生の名前もありました。生徒から慕われていた先生だったので懐かしい!とは思いましたが同窓会に行くつもりがなかったので「拒否」を選択しました。

入りたくないLINEグループからのお誘い

高校時代の楽しい思い出も蘇りましたが、30年以上疎遠だった仲間と再会するイメージがわかなかったのです。何度か開催された同窓会は、女子クラス特有のスクールカースト。死ぬ前にどうしても会いたいか?と言われたらNO。3年間同じクラスだったのにフルネームも思い出せない程でした。招待してくれた子がメッセージを書いてきましたがお断りの返事が浮かばず既読無視しました。←最低w

ライングループ

拒否したらグループの人にバレる?

拒否したらグループの人にバレるかな??と思いましたが招待中から名前が消えるだけみたいです。招待してくれた子とも年賀状のやりとりしかしていません。女子クラスの人間関係「面倒」です。

拒否したら一部の人に悪口を言われたり書かれるかも?と心配でしたが所詮30年以上疎遠だったクラスメート。見えないところで悪口言われたり書かれても良いや。誰とも交流していないから構わないわ、と思ったら勇気100倍でした。

格付けしあう女たち

30年前の同級生に会い(しかも女子ばかり)当時より老けているし今さらダイエット無理だし。笑。テンションも上がりません。男子も来ないんですよ。(←ここ重要)好きだった男子が同じクラスなら喜んで参加しますが格付け(マウンティング)しますからね。女子は。

スクールカースト

スクールカーストの上位は、彼氏がいる女子たち。私はスクールカーストの上位の人から嫌われていました。運動や勉強が誰よりも出来たとしてもスクールカーストの上位の人に嫌われてしまえば、下位として生きていくしかありません。当時はスクールカーストということばもなかったですし、どうしてこんなに格付け(マウンティング)し合うのか、私にはさっぱり分かりませんでした。

高校3年間でも、格付け(マウンティング)女子の世界だったので同窓会では、肌の状態とか配偶者の有無とか、年収とか、体型で近況報告どころかチェックチェックになるのは必至。

会いたい人がいる同窓会は参加するべきです。すごく会いたい人がいないなら義理立てて参加するべきではありません。私は、グループラインを拒否して正解でした。

LINEグループ多すぎ問題

子どもが3人とも剣道部で自分も剣道をやっているせいか、剣道部関係のグループが多いです。剣道部(部活)、中3剣道部、剣道スポーツ少年団、剣道会、剣道(理事会)別の地域の剣道会、女子の剣道会、仲良しの剣道仲間、あとは、子供関係で塾、PTA、同級生、高校の剣道部親(もう卒業して3年経ってるのにw)トークは、削除しないと重くなるのでバンバン消しています。

西ちゃん
160人いるグループラインから退会しようかどうしようかお悩み中。人数が多く9割9分知らない人でグループトークは少なくイベントの告知程度です。退出したら「○○が退出(退会)しました」と出るようです。モヤモヤしていましたが→退会できました。

あとで退会するぐらいなら始めから招待を許可しない

あとで退会すればいい、とりあえず許可しないとしらけるというケースもありますが後で退会するのも気まづいので最初から参加しないに限ります。

LINEグループの断捨離

LINEグループに入る前に「入らない」という選択肢もあります。面倒なら最初から入らない(断捨離)のが一番です。LINEグループも整理整頓が大事です。既にできているグループ、今後会うつもりが無いグループ。会わないだろうグループ、会いたいと思わないグループ、嫌いな人がいるグループ、関わりが無いグループは、退会するか最初から入らない(拒否)を選択します。グループも友達も残す残さないの判断基準は、難しいですよね。LINEグループも断捨離するタイミングが大事ですが何か聞かれたら電話変えたら全部消えたのよ~とごまかすことにしています。

西ちゃん
LINEグループの断捨離というか最初から入らない選択をしました。相手の顔色うかがい気を使い返信の内容を考える時間が勿体ないです。人生に無駄な時間は不要です。ラインで自分の人生の無駄時間を増やしたくないと思いました。

忘年会、嫌いな人の誘いを断る(人間関係の断捨離)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

9人家族の嫁!掃除が死ぬほど苦手でした。片付けても散らかる汚部屋に住んでいましたが家族の葬儀(遺品整理)を経験し人生の終わりをスッキリさせたいと思うようになりました。溢れる物たちとの断捨離の記録です。