丸顔ブルーベース夏カラーの私が似合うメガネ

新しいメガネ

私が普段愛用しているのは、marie claire(マリ・クレール)のメガネ。

愛用のメガネ

メガネの寿命は3年ぐらいだそうですが、使い始めて8年半も経ちました。キクチメガネで視力測定をしたら、乱視は変わらず、少し老眼が近づいているので遠近両用の眼鏡を買うか今のメガネを使い続けても良さそうといわれました。

パソコンディスプレイを2台置くようにしたら、左側の画面を見る頻度が増え左側の視力が低下しているようでした。でも「今使っているメガネでも2~3年は大丈夫!」「ただフレームの歪みは経年劣化しているので直そうとすると折れる可能性があります」とのことでした。遠近両用の眼鏡もかけてみたら、景色が迫っているようなかんじで気持ち悪く感じました。今のメガネに近いかんじで遠視だけのメガネをかけてみたら、ふわっと感がなかったので「近」が入っていないメガネを買うことにしました。1日中パソコンに向かっているのでパソコン画面を見ていて疲れにくいのが1番の条件です。

メガネを買い換えるタイミング

メガネを買い換えるタイミングが、眼鏡がみえづらくなった、フレームが壊れてしまった、新しいデザインのフレームが欲しくなった、運転免許更新のタイミングなどだそうです。また、視力が低下したり老眼が急激に進むようなら買い換える時期に来ています。フレームが歪んでいるのは、とりはずすときの癖もあるみたいです。右側だけが歪んでいます。

 

自分ににあうメガネの条件

8年近く使い続けている相棒は、軽いですし疲れにくいですしとても良いものでした。marie claire(マリ・クレール)が好きで選んだということもありますが気にいると、とことん添い遂げます。今回メガネを選ぶ条件としてあげたのは「自分の顔かたちに合うもの」、「軽くて疲れにくいもの」、「顔の色と合うもの」、「自分に似合うもの」、「パソコンの画面を長時間見ていても疲れないメガネです。前回は、「自分が好きなデザイン」「自分が好きなブランド」「軽いもの」「メガネのフレームが目立たないもの」「パソコンの画面を長時間見ていても疲れないメガネ」でした。

顔の形で選ぶフレーム

顔の形は、丸というより四角、年齢を重ねるたびに顔が平たくなっていきます。丸顔には、丸い眼鏡が合うそうです。8年前の私は「丸顔に丸いメガネなんて」と思い自分が見られたいイメージ「知的」で「クール」で「洗練された」を優先させました。あれから8年経ち老けてはきたし、太ってもきました。当時のイメージのほかに「かわいさ」や「若々ししさ」も重視しなければなりませんでした。

なりたい自分をイメージする

メガネは、顔の中でも最も目が行く部分なので、似合う似合わないでイメージがガラリと変わります。8年前のメガネは、自分は気に入っていたし似合っていたと思いますが・・「キクチメガネの人みたい」と言われたことがあります。いかにもCMっぽいのでしょうか?笑。メガネを選ぶときは「なりたい自分」を思い浮かべることが大事みたいです。自分が褒められると嬉しい言葉を3つほどあげていきます。今の私だったら「年齢よりも若い(と褒められたい)」「キレイより可愛い(と褒められたい)」「頭が良い、さすが仕事ができる女(と褒められたい)」まあ、現実どうであれ「理想の自分」を思い浮かべます。

スタイリッシュに見せたいなら、縦幅が狭いもの。ぽっちゃり顔なら、フレームで引き締める、いろいろな技があるようです。

好きな色と似合う色は違う

私は、青色や紫色が嫌いですがブルーベースのようで、青色の洋服を着ていると似合うと褒められます。ブルーベースの人は、ネイビーや水色、白、グレーなど青みがかった洋服に、アクセサリーはシルバーの時計、シルバーのピアス、シルバー(プラチナ)の指輪が似合うようです。私は、ブルーベース「夏」のカラーですが、無意識でシルバー(プラチナ)の指輪にシルバーの時計をしていました。指輪の石は青紫のサファイアです。同じブルーベースでも「冬」の色の人は、真紅やモノトーンが似合うようです。

ブルーベース?イエローベース?

またイエローベースの人は、コーラルピンクやオレンジ、黄色が似合います。イエローベースの、「春」の人は明るめの黄色系。「秋」の人は、カーキーオリーブグリーン、コーヒーブラウンが似合うようです。髪の色もイエべ(イエローベース)の人は、髪色も明るめのベージュやピンク系やグレージュが似合いブルベ(ブルーベース)の人は、暗めのアッシュやブルーアッシュ、ダークアッシュ、ダークベージュが似合うようになっています。

イエベさんはくっきり顔。ブルベさんは、ほんわか系

イエベさんは、顔立ちがくっきり系。ブルベさんは、顔立ちほんわか系。ここで大事なことは、自分が好きな色と似合う色は一緒ではないということです。私はこのことに50代を前に初めて気づきました。ファッションカタログで取り寄せるのは、ベージュ系の洋服なのに「何か違う」「似合わない」率が高めです。ブルーベースでパーソナルカラー診断でも「夏」の私は、モノトーンも好きですが、白黒よりグレーのほうが似合う(失敗しない)ような気がします。

好きな色のフレーム

メガネを選ぶときもブルベとイエベは、意識します。接客してくださった女性店員さんは、「紫」「ピンク」系のフレームのメガネも持ってきてくださいました。ブルベなので紫が似合うかもしれないと思いましたが、やっぱり紫は苦手。好きではないので却下しました。自分の顔色と合うもの。自分の顔の形と合うもの。髪型と合うもの、見られたいイメージも合わせて選びます。

好きなブランドで選ぶ

キクチメガネには、FURLA(フルラ)、INDIVI(インディヴィ)、marie claire(マリ・クレール)、オールド・イングランドなどのほかキクチオリジナルブランドがありました。前回は、好きなブランドに走ってしまいましたが自分に似合う形のフレームを選ぶことにしました。「軽くて主張しすぎないメガネが良い」とお願いしたら女性店員さんが、15個ぐらいタイプの違うメガネを持ってきてくださいました。15個も並んでいると「何が良いか」「何が似合うか」わからなくなりかけましたが、逆に「これは、無い」というのが2~3見つかりました。

消去法で減らしていき似合うメガネを探し求めていきます。店員さんは、「実際にかけてみないと何が似合うか似合わないか分からないですもんね」とおっしゃってました。

ビームス デザイン(BEAMS DESIGN)

私が「主張しすぎないメガネが良い」だの「色は、こっちが好き」というのを気長に付き添ってくださいました。結局グッドグラッシーズというあまりお高くないフレームとメガネのセットのものでビームス デザイン(BEAMS DESIGN)のブラウンシャーリングの細い黒縁メガネを買いました。

新しいメガネ

人生のやりたいこと100リストの26番目の達成。

人生のやりたいこと100リスト26番目の「PC用のメガネを買う(3万円)」を達成しました。予算内で今の自分に似合うメガネを買うことができて満足♪です。少しずつ自分が生まれ変わっていくようで嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA