足が超痛い!外反母趾に優しい時見のパンプス

時見フォーマルパンプス
エレガントな時見のパンプス

クロックスばかり履いているせいか、葬儀でパンプスを履いたら足が痛くてたまらなかったので生協で時見の靴(mode tokimi)の播州織フォーマルパンプスを注文してみました。デザインが可愛いんですよね。

時見フォーマルパンプス

時見(ときみ)は、外反母趾の方向けの靴、コンフォートシューズなどを扱う靴屋さんです。コンフォートシューズというのは、オシャレでありながら足の健康を考慮して作られてた履き心地の良い靴という意味です。時見で扱っているフォーマルパンプス、ウォーキングシューズは、外反母趾に優しい仕様です。

西ちゃん

私は外反母趾というより内反小趾であしのこゆび側が痛くなります

靴のサイズより大きな靴を履いていませんか?

足が疲れる原因は、靴のサイズより大きい靴を選んでいるせいです。長い間、自分の足のサイズは、22.5センチで大人になったのだからサイズが変わるわけないと思っていました。それにベタっとした幅広の足だと信じていました。

しっかり測ってみたら足のサイズ(足長)は22.0センチでした。いつのまに減ってしまったのでしょう??足囲が20センチ、足幅が10センチと判明しました。

自分の足サイズより大きく隙間があいたパンプスで歩くと足が痛くなるだけでなくかかとがガバガバします。というわけで、今回は真面目にサイズ測定をしました。まあでも最小が3EだったのでEEE(3E )を選びましたけど。

時見フォーマルパンプス
西ちゃん

ずっと22.5を履き続けたので小さい=痛いかも?と心配になり注文したのは、22.5センチにしました。若干スキマがあいてますが低反発クッションのおかげで、ピッタリフィットします。

時見フォーマルパンプス

パンプスのヒールはスタック調とエアヒールで安定感があります。サイズよりフィット感や履き心地重視です。

時見フォーマルパンプス

私が購入した、播州織フォーマルパンプスのお値段は、6990円(税込み7549円)でした。時見のパンプスは、価格が高めで1万以上のものが多かったです。

ヒール

はじめて、時見の靴を買いましたが履き心地が良かったです。四十九日法要に向けて曹洞宗の本式数珠夏用のブラックフォーマルイワサのフォーマルバッグも購入し準備を着々とすすめています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

西ちゃんchokobank
岐阜県田舎村在住ブログ歴15年のブロガー。押入れを改造したパソコン部屋が私の仕事場♪当ブログは2016年8月に開設。 整理整頓が苦手で片付けられないまま一生終えそうだったけど、家族の葬儀をきっかけに、暮らしを整えるようになりました。カメラ、食べ歩き、ウォーキング、ラコニック手帳を愛する50代。 詳しいプロフィールはコチラ