マウスで描く顔アイコン

顔アイコン めんどうくさがりのずぼら主婦

「断捨離で最高の終活」と「ちょこっとブログ」の読者の方からご質問を頂きましたのでシェアさせていただきます。イラストを自分で描く方法についてお答えしました。

表情アイコン(顔)を、マウスで描く

「西ちゃん」の表情(顔)イラストは、マウスで描きました

顔アイコン

根性でトラックボールマウスで描きました。でも!!むちゃくちゃ描きにくかったです。トラックボールマウスでも普通のマウスでもマウスでも絵は描けますが、とにかく描きにくいです。マウス絵描きにくい説を力説するのは、14年前ペンタブ(ペンタブレット)で絵を描いたことがあるからです。使っていたのは、ワコム社のペンタブでした。処分したので今はありませんがもうすぐ50歳書けば叶う人生でやりたい100のリストの20番目にやりたいことに2つめのペンタブ(2万円弱)を買う(2020年までに)(PC)と書いているぐらいです。目標を叶えるための金額としては高くはありませんが未だ実現せず!です。

オリジナルイラスト(写真)無料イラスト(写真)有料イラスト(写真)

無料イラスト素材サイトや無料の写真素材では、自分のイメージする画像は見つけにくいです。探すのに時間がかかります。有料素材は高いしモッタイナイ!です。だから自分がイメージする画像は、自分で作ります。

無料イラスト(写真)サイトより有料イラスト(写真)サイトの方が良い素材が見つかります。私はイラストも写真もACで年会費を支払い利用しています。個別に使いたい画像で「どうしても欲しい!」「自分では描けない」「自分では撮れない」と思えば高くても購入します。有料イラストのあまりの値段の高さにビビって見ながら自分で描くこともあります。→めちゃくちゃケチな女みたいですねw描くときは、毎回マウスを使っています。

写真も同様です。画像検索をして構図を参考にすることも多いです。きれいで若い細い女性とかは、モデルが居ないので有料の写真ACを利用しています。時間は無限ではありません。お金もかければかけただけ良いというものではありません。

サイトやブログのコンテンツや質を高めるために必要であれば投資するという考えです。

WordPressのプラグインでフキダシ

WordPressのプラグインフキダシSpeech bubble (ふきだしプラグイン)を使い自分が実際に話しているようにブログに表情をつけます。プラグインの新規追加でSpeech bubbleを検索してインストール→有効化。記事中にショートコードを書けばフキダシが出る仕組みです。

ショートコードは、辞書登録しています。ファイルの付け方も工夫しました。s2413の場合、頭三桁をs24で統一、下一桁だけ数字を変えればどんどん表情が入れ替わります。8は「ハテナの8」、13は「13日の金曜日」18は「良いわ18」とかw。でも全部は覚えられないのでパソコンの左横に画像一覧表を置いています。短時間でブログを書くのは永遠のテーマです。

階段下押し入れ

吹き出しプラグインは、他にも色々あるので探してみると良いかもしれません。また私が使っている吹き出しプラグインSpeech bubbleは更新するとプラグイン側の画像が消えてしまいます。それを防ぐためにパソコン側にも同じ画像フォルダを置いています。

吹き出しプラグイン

絵心が無い人へ・・

絵心が無い人は存在します。とにかく上手に書こうとしないこと、自分のハードルを上げないことと「ヘタウマ」が魅力だと信じるしかありません。海外の人が日本語を覚えたどたどしく挨拶をするとき、上手い下手は関係ないなと思います。不器用でも誰かに何かを伝えようとする気持ちの方が大事です。写実的に書く必要はありません。自分の子どもが「おかあさんの絵」を描いたときの感動。顔から直接足が生えていたってカワイイものですよね。うまく描けなくても自分のイラストは、自分の気持ちに一番ピンと来ると私は思っています。

ブログで気持ちを伝える

ブログは、自分を伝えるツールです。表情アイコン(ふきだし)があると読者の方により伝わりやすいですし、文字だけより断然読んでもらえるはずです。(たぶん)

イラスト素材サイトで表情アイコンを探しまくったのですが自分のイメージどおりのイラストが見つからず、描くしかない!と思い立ち2日ぐらいで30種類描きました。描きたい表情を見つけてきて真似をしながら描いています。顔の輪郭や髪型や服装、手足はほぼ同じ。表情を変えながら描いていきます。

時間がかかるマウス絵

私は、マウスを転がしながら描いています。マウスだとすごく時間がかかります!!そして描きにくいです。イメージとしてはマウスで絵を描くのは、石を転がして絵を描くようなものです。ペンタブは、紙に鉛筆で絵を描くのに近いので雲泥の差です。

ペンタブを使えば誰でも上手に描けるか?

ペンタブを買ったのは2007年ではなく2005年、14年前です。当時のブログで検索したたら、写真に落書きして載せていました。

ペンタブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西ちゃん
ペンタブで描いた割にクオリティ低すぎてごめんなさい。14年前の作品なのでお許しください。
豚時計

旦那にそれ何いくら?とペンタブのことを突っ込まれたときの様子です。笑。

挙動不審

上手なイラストが描きたくて2万円弱のペンタブと9000円のペンタブで悩んだ挙げく高い方を衝動買いしました。当たり前ですが高いペンタブを買っても安いペンタブを買っても元の画力は、上がりません。アナログで描くときは鉛筆で下絵、絵の具や筆も必要です。失敗してウギャ~となることもデジタルならありません。

ペンタブのメリット・デメリット

ペンタブのメリットは、マウスより短時間で絵が描けることです。下手な人でもマウスより簡単に絵が描けます。普通に鉛筆を持って絵を描くイメージです。ワコムのペンタブなどは愛用者も多いので使い方描き方が分からなくなったときネットで説明ページも見つけやすいです。デメリットは、ペンタブを買うのにお金がかかるということです。細かい操作は、使えば使うほど使いやすくなれます。習うより慣れろっていうやつです。

西ちゃん
14年前(当時)ネットで交流していたお友達どうし掲示板に絵を描いてアップロードするのが流行っていました。下手なので・・すぐに飽きてしまいました。

2万円のペンタブを買いましたが飽きてしまった苦い思い出があります。当時の私は、周りにつられてペンタブを買いました。今は、ペンタブがあればブログやサイトの表現力が高まるな~と思っています。

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Smallベーシック お絵かきソフトウェア付き ブラック データ特典付き

ワコム ペンタブレット ペンタブ Wacom Intuos Mediumワイヤレス クリスタ付き ブラック データ特典付き

ワコムストア楽天市場店

コメント

タイトルとURLをコピーしました