昭和10年代生まれの親世代の食器を断捨離(第3回目)

ご飯茶碗

ご飯茶碗の断捨離(第3回目)決行いたしました。最近燃えないゴミの日が近づくとウキウキします。飯碗断捨離シリーズも?残すところ2回で完結しそうな勢いです。嫁のわたしが家にあるものを捨てるという行為は、勇気が必要でした。まだ使えるのに勿体ないという無言の圧力があります。昭和10年代生まれの親世代昭和40年代うまれの子世代平成生まれの孫世代が同居する我が家。令和に時代が変わり自分の子どもたちのためにモノを減らすことは任務だと思っています。

飯碗は、婆さんが買い揃えたもので30個以上ありました。ほぼほぼ新品に近いです。お正月やお祝い事など「良い日のためだけのお茶碗」です。年に1回しか使わないので割らす機会もありませんでした。笑。割れないまま20年経過し、すっかり昭和っぽさと時代遅れ感が漂います。

ご飯茶碗

時代遅れな食器なので、もう使いたくありません。趣味に合わないですし、将来使うこともないはずです。でも使わないとバチが当たりそうな気がします。モッタイナイおばけも出てきそうです。私は、食器にはこだわる方で、どうせなら美味しく頂けるお茶碗でご飯を食べたいと思っています。

我が家には、昭和レトロなお茶碗30個の他に、現在使っている飯碗ですら第3軍です。食器棚には、デザインの良い2軍のお茶碗が入っています。そして私が買い求めた1軍のお茶碗もあります。昭和レトロなお茶碗が割れるのを待っていたら1軍の出番は永久にまわってきません

食器にも旬の時期がある

食器も時代によって流行り廃りがあります。旬の時期みたいなのがあって、旬の時期は「今」です。今ステキと思ったものを今、使わずにいつ使うのでしょう?タイミングを逃さないために、私は、燃えないゴミの袋に、圧力鍋、割れ物、傘、包丁(←婆さんの)、湯呑などを入れて処分しました。

ご飯茶碗

食器を捨てるタイミング

食器を捨てるタイミングで捨てやすいのは、割れたときと欠けたりヒビが入ったときです。我が家のように家に代々引き継いできた茶碗は、時代遅れなのにたくさん置いてあります。完全に使うタイミングと捨てるタイミングを逃しました。

また嫁の立場で家にあるモノを捨てるのに躊躇します。ほとんど使っていないのに捨てれない、好きじゃないから普段使いにもできないのです。ご飯を食べる時、このお茶碗で食べると美味しく感じるのよねと思いながらいただきたいのです。子ども世代に「使って」と言えないものは残すべきではないような気がします。

色々な理由で残る食器たち

キャラクターものは捨てにくい、プラスティック製は壊れにくい、なんとなく捨てられない食器もいくつもあります。バチが当たりそうですが、お皿も湯呑もお猪口も徳利もいっぱいいっぱいあるので、「誰がいつ使う??」「いつ使う機会があるの」と思いながら捨てる理由を探そうとしています。

捨てる勇気

捨てるとスッキリするとわかっていながら、捨てるのには大きな勇気が必要です。私は、いつも家の人の目線が気になり思い切って捨てることができません。でも第3日曜日の前だけ、ソワソワしはじめます。第3日曜日は、燃えないゴミ(不燃ごみ)の回収日です。月に1回しかないので、「よし」と気合いを入れて捨てにかかります。モノは手放すときのほうが、心身ともにヘビーなものですね。

湯呑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

9人家族の嫁!掃除が死ぬほど苦手でした。片付けても散らかる汚部屋に住んでいましたが家族の葬儀(遺品整理)を経験し人生の終わりをスッキリさせたいと思うようになりました。溢れる物たちとの断捨離の記録です。