昭和な徳利の断捨離

昭和な徳利
昭和な徳利

昭和を感じる徳利1ケース分断捨離しました。昔は、新築、結婚式、法事などがあるたび近所や親戚を集めてお酒を飲んでおり、徳利をお猪口は、欠かせないものだったのでしょう。25年前に家を建てたとき、日本酒一升がお祝いでした。でも今の時代は、「お金」です。

昭和、平成、令和と時代も移り変わり「酒」をガバガバ飲んでいる人を私は知りません

熱燗
ヤカンで熱燗温めた昭和
西ちゃん
今は電子レンジでチンするのが主流ですがヤカンで温めるとまろやかでおいしくなるみたいです。

捨てたい理由(1)お酒を飲む機会が減った

老いも若きもお酒を飲まなくなり日本酒離れも進んでいます。2020年5月に一周忌法要を行う我が家。和尚様に拝んでいただった後、皆で会食をして再び家に戻ってお酒をふるまうのが習わしでした。

それは、とても無駄なことで負担に感じていました。でも今年(一周忌)も来年(三周忌)もコロナで法要を縮小化するため、徳利は必要ないと判断しました。

捨てたい理由(2)趣味にあわないから

捨てたい理由は、昭和っぽくて私の趣味にあわないからです。お客さまにお酒をふるまうなら自分で選んだ徳利をお出ししたい!!徳利を使う機会は、ますます減ります。

昭和な徳利
昭和な徳利

捨てられない理由(1)家にあるものだから

捨てられない理由は、昔から嫁いだ家にあるものだからです。親世代が生きているうちは、親世代が購入したものを勝手に処分できません。使わないのに置いておくのはスペースの無駄ですし処分しているのが見つかったら「もったいない」と言われそうです。

昭和な食器は、自分の子世代も使わないと判断したら残しておくべきでは無いのでしょうね。

捨てられない理由(2)ほぼ未使用だから

割れても欠けてもいない ほぼ未使用
割れても欠けてもいない ほぼ未使用

捨てられない理由は、ほぼ未使用だからです。家を新築した24年前、大工さんたちに日本酒をふるまっていた記憶がうっすらあります。24年間で使ったのは3回だけでした。割れても欠けてもいないですし、ほぼ未使用なのです。

 

 

 

捨てるモノ、残して使うモノに分ける

捨てたいモノ、残して使うモノに分けることから始めました。自分で捨てられないことが分かっていたので、処分する予定の食器には「処分」の貼り紙をしました。→時間と労力がかかるリフォーム前のお片付け♪

処分する食器、残す食器
処分する食器、残す食器

捨てるまで2ヶ月迷いに迷った

捨てるのに2ヶ月かかりました。不燃ごみの回収は毎月1回で捨てるチャンスを逃すと翌月まで持ち越しです。先月捨てそびれて、今月もギリギリまで捨てるか残すか迷っていました。

夕方5時から回収が始まるのですが4時55分まで「どうしよう」となっていました。

残す徳利
残す徳利

ギリギリまで悩んだ挙げ句「処分」と書いたケース内の徳利を、全部処分することにしました。

押入れの徳利を断捨離
押入れの徳利を断捨離

前の法要で使った最低限の数の徳利だけを残しました。

西ちゃん
コロナがおさまった後、変わっていく習わしに従って捨てればいいですし。お金にも気持ちにも余裕があれば趣味にあった徳利を買うかもしれないですし。

断捨離できない理由→(旦那)

スムーズに処分できたわけではありません。不燃ごみの回収日・・うちの旦那は、不燃ごみの袋がいっぱいにならないとモッタイナイからと次の月に持ち越そうとするのです。

不燃ごみは、毎月毎月捨てたい派の私と袋いっぱいになったら捨てる派の旦那。旦那と私の価値観の違いがスムーズに断捨離できない理由です。

西ちゃん
袋いっぱいにするわっ!

自分の意思で断捨離

旦那が回収日に持っていかないから断捨離できないというストレスを抱えていましたが誰にも見つからず、誰にも見られず誰にも咎められること無く捨ててやる!私は燃えて勢いづいていました。断捨離を夫婦二人三脚でやろうとしてもダメですね。

徳利を捨てる
徳利を捨てる

自分の強い意思で不燃ごみの袋に放り込みました。台所の押入れスペースは、かなり大きいので物はいくらでも入ります。でも使わないものを何年も何十年も持ち続けるのは意味がありません。

古い食器を処分したい
古い食器を処分したい

一番上の徳利が入ったケースはカラになりました。

まだまだ断捨離は終わらない

残るケースは、3つあります。まだまだ断捨離は終わりません。貧乏性な性格ゆえ断捨離できないことも多い私ですが、今回のギリギリ作戦は非常に良かったです。時間に追われれば迷うことなく捨てられるます。

徳利を断捨離
徳利を断捨離

来月の不燃ごみの回収日は、一周忌法要の日と重なります。今から捨てる気まんまんです。

20年間未使用、木の食器セット

押入れには、20年間未使用の木の食器セットが入っていました。私は使いません。使わないのに捨てることができません。

だからといって人に押し付けるのも苦手です。「使わないのに・・どうしよう・・捨てられない」と思っていました。

「処分」「使わない(食器)」「使う(食器)」と貼り紙を貼って押入れに収納していたところ、娘が見つけて「何コレ!使わないならもらっていく」欲しい」というので持っていってもらいました。「捨てる神あれば拾う神あり」「渡りに船」とはこのことですね。

木の器
捨てる神あれば拾う神あり・・木の器

自分が要らないものでも欲しい人が手をあげてくれたおかげで捨てずに住みました。みんなHAPPYです。

木の器
木の器

木の食器は、インスタ映えするようでサラダ入れる~~と持っていった娘。同じ木の器でもツヤ消しのほうがナチュラルで今の時代にあっている気がします。私の中の「昭和」が2つ我が家から去っていきました。めでたしめでたし。


WordPressテーマSTORK19

断捨離で最高の終活は、OPENCAGEのWordPressテーマ「STORK19」を使っています。ブログ書くのが楽しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA