家族の衣類を一括収納

家族の衣類を一括収納 収納・整理整頓

「その日」は、ある日突然やってきます。私は、片付けられない女でした。100歳のおばあちゃんも在宅療養で家で最期を迎えました。義母も余命宣告されており在宅療養で家で最期を迎えました。ふたりとも死ぬことが分かっていましたが、介護をしながら片付けもすすめていたつもりですが、期間もお金もかかルト実感しました。「何年何月何日に死ぬ」まで分かれば見通しを立てて片付けをすすめていけるのですけどね。

普段から「片付けられない女」の私なので毎回慌てますが100歳のおばあちゃんのお通夜の前に300%ぐらい慌てたとしたら、義母のお通夜の前は、80%ぐらいの慌てようでした。葬儀がある前提で去年あたりから縁側の絨毯を敷き替えたりカーテンを替えていました。突然訪れる葬儀。葬式が済んでから、数珠フォーマルバッグ夏用の礼服を買い替えました。急な不幸があったとき慌てないため普段の生活を見直すようになりました。爺さんやオジサンが急に死んでも30%ぐらいの慌てぶりでおさめたい気分です。

一緒に暮らしている家族が急に死ぬという非日常、不幸(葬儀)は急で非日常的なことですが洗濯という日常は通夜があっても葬儀があっても日常的なことです。近辺にコインランドリーがあれば話は別です。

洗濯物で慌てる我が家

我が家は、葬儀のたびに洗濯物で慌てていました。ズボラなので洗濯物を各々の部屋に持っていくのが面倒で個人個人のカゴに投げ入れておりました。笑。

  1. 雨や雪のため洗濯物が乾かない問題→(除湿機を買って対応
  2. 24時間除湿機を使っていたら電気代がかかるようになった(除湿機を置く場所を変えた)
  3. 不要な衣類を断捨離した(マワハンガーを買ったことで衣類の断捨離がすすんだ)
  4. 衣類を家族全員一括収納にした

家族の衣類を一括収納

2階に下の子の部屋があります。チェスト(タンス)を見たらほとんど空っぽだったので、「チェスト(タンス)下で使うよ」と旦那と二人で1階の部屋まで運んできました。下の子の部屋は、チェスト(タンス)のスペースがあいたので少しだけ広くなりました。家族に「今日から衣類の収納場所はココ」と言い渡しました。家族の衣類は一括収納のほうが家事動線が少なくて済むことにようやく気付きました。
衣類一括収納

常に自分が入院したときの心配な私です。ふわふわのタオルと必要最低限自分が持ってきて欲しいものだけ入っています。入院セットは、避難グッズにも成り代わるしお友達と温泉に行く時もシュッと持っていけます♪我ながら画期的。剣道の防具袋も置いてみました。少し前まで縁側に洗濯物を干しまくっていて生乾き臭自由研究をしたほどです・・。

西ちゃん
四畳半の部屋なので除湿機をかけておけば洗濯物があっというまに乾きます。縁側で除湿機をかけていたときは、24時間フル稼働でも乾きにくかったので、家のどの場所に衣類を置くか?臨時の洗濯物を干す場所の確保、除湿機を置く場所選びは重要だと思いました。

家族の衣類一括収納に便利なグッズ

家族の衣類を一括収納するのに便利なグッズといえば引き出し(チェストタンス)です。上の子が生まれたときは、実家でベビー用のタンスを買ってもらい、真ん中の子が生まれたとき嫁ぎ先で買ってもらいました。木製なので頑丈で飽きません。ただ移動させてくるのに苦労しました。その点、タワーチェストだったら移動や置き場所を変えるときも手軽です。

大量収納タワーチェスト 3列・7段タイプ 大量収納タワーチェスト 3列・8段タイプ大量収納タワーチェスト 3列・9段タイプ

タワーチェストのメリット・デメリット

タワーチェストのメリットは、価格が安いこと。好きな色やサイズを選べる。上下の入れ替えが楽な点です。冬物と夏物など使用頻度に応じて入れ替えられる点も便利です。デメリットは、プラスチック製で重さ(耐荷重)の点と奥行きが狭いという点です。タンスが家にあれば活用方法を見直してみるのも良いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました