用無し「なげしフック」の断捨離で気付いたこと

なげしフック 断捨離で人生は変わる

私に棲みついている「もったいないおばけ」。もったいないおばけが棲んでいると物を大事にできる反面、不要な物を知らぬ間に溜め込みがちです。今回見つけた「なげしフック」。

縁側なげしフック

長押フックは婆さんが買ったもので洗濯物を干すときに使っていました。使い始めたときは「なんと便利」と思いた。でも濡れた洗濯物を干すと襖がベコベコになるので帽子やカバン掛け用で使っていました。

長押フック

コロンとカワイイ形のなげしフックを見つけ、使っていたなげしフックが用無しになりました。

なげしフック

なげしフック

なげしフックを変えただけで印象が変わりました。帽子は、帽子スタンドを買ったのでカバンばかり3つ掛けていました。

帽子スタンド

お買い物用と仕事用と葬儀の後の手続き用のバッグです。葬儀の後の相続の手続きも一段落したら1つは別の場所に移動させたらもっとスッキリします。

カバン掛け

用無しなげしフックを縁側に移動させる

というわけで用無しになったなげしフックを意味もなく縁側に移動させました。衣類が掛けられて画期的!我ながら天才!と思いましたが、そうでもないみたい。

なげしフック

何を引っ掛けているかというと・・旦那の弟のお嫁さんのクーラーバッグ。

断捨離の感度が上がる

断捨離のネ申がおりてきていたのかビンビン感度良好。普段毎日生活していても気付いているようで気付かないことが多いです。見ているようで何も見えておらず何も考えていないのです。今日は、ネ申が降臨。断捨離アンテナ超敏感、「なげしフック使うつもりだったのに使わなかったわ、要らないわ」と普段なら気づかず見過ごすところに気づきました。

なげしフック

西ちゃん
不用品を再利用できれば価値があるけど、モッタイナイおばけが棲みついてるものだから気づかないうちに物を増やしてしまうようです。気をつけなければ。

なげしフックは、燃えないゴミ袋に入れたので完結&完璧です。

断捨離という「気付き」

断捨離の気付き

断捨離することで色々なものが見えてくるというか「気付き」が見つかります。いや・・宗教じみた「気付き」ではなく家のガッカリポイントの気付きです。笑。ここが変だよ日本人じゃないですが、住んでいると変なことにも気づかないし見えていないものだと思いました。人が捨てたもの、自分がいらないと思ったものは、別の場所に移動しても必ずしも価値があがるわけではないという教訓でした。笑。

物干し竿にも使えるSカン(フック)があるようです。紐の長さが30センチなので30センチのSカンが調度良い長さになります。耐荷重30キロとか50キロの頑丈なフックを購入して我が家のガッカリ残念ポイントを改善したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました