葬式で張り切る人、故人を静かに見送りたい

葬式で張り切る人 葬儀・法要(四十九日・一周忌)の準備

通夜、葬式、四十九、一周忌になると、やたら張り切る人がいませんか。大活躍?大ハッスル。笑。有り難いのですが半分有難迷惑のような・・w

葬式で張り切る人

どうした?アドレナリンが出まくってんぢゃん!生き生きハイテンション!何故か分かりません。通夜や葬儀のときは、家の人のほうが心配になるし そっとしておく時間も大事。若い者は、知らないから色々取り仕切り教えたがるのですが最初は、有り難いと思っていても度がすぎると存在そのものに疲れてしまいます。本人は、やってあげている、教えてあげているつもりなのだと思います。でも四十九や一周忌のように日にちが決まっているものと違い葬儀は時間との戦いです。

介護が必要な家族がいたら看病疲れもとれぬまま通夜や葬儀の準備にとりかからなければならないので日常の延長に超バタバタな非日常がふりかかります。葬儀会社の方と打ち合わせをしながら悲しみに打ちひしがれる間もないような気がします。

土足で踏み込み喪主に指示を出す・・今言われても、無理ですってことを口出しします。故人を偲ぶ気持ちすら吹っ飛んでしまうほどです。

どこにでもいる理不尽な人

検索したら葬式で張り切る方は、どこにでもおられるようです。理不尽なことを言っても仕切ろうとする人です。しかし通夜や葬儀で揉めたくないので大抵の人は、遠巻きに見ているだけです。

その日は急に来ます。家族全員テンパります。あれもこれもしなければいけない!あれもこれもできないまま最期のお別れをしに見舞い客が訪れます。通夜の時間、葬式の時間が迫ってくるのでいつもより時間が早く過ぎていきます。

故人の経歴書、遺影の写真決め、やること盛りだくさん

合間をぬって家族は、故人の経歴書を書き遺影の写真を決めます。遺影の写真には、背景や着物や洋服の着せ替えバリエーションがあるので「生前こんな色が好きだった」とか、「明るい色のほうが顔がきれいに見えるね」と思い出を語りながら決めていきます。その横で喪主は、通夜の挨拶や葬儀の挨拶を書き綴っています。遺族は、短時間にいっぺんにこなしていかなければいけません。故人のために多くの方がかけつけてくださり感謝しかありません。葬式や通夜になると人間性がよく見えます。さりげなく手をさしのべて助けてくださる方、家人だけの時間を作ってくださる方、いろいろでした。手をさしのべたり、教えたりというのとおせっかいを焼くのは、全然違います。通夜や葬式のときだけ、めちゃくちゃ前面に出てくる人は、謎でしかありません。

通夜や葬式でやたら張り切る人への感想

葬式仕切る人

  • Aさんの感想「葬式なのにテンション高いね!」
  • Bさんの感想「人の家の不幸が、うれしいみたいだね!」
  • Cさんの感想「喪主より出しゃばって仕切るんだね」
  • Dさんの感想「香典帳にまでケチつけてたよ」
  • Eさんの感想「かきまわすよね、あの人」
  • Fさんの感想「夫婦で朝から張り切っているね」
  • Gさんの感想「誰の家の葬儀か分からないね・・」
  • Hさんの感想「葬儀会社のサービスにも文句言ってたよ」
  • Iさんの感想「昔のしきたりを言い過ぎる、言うべきタイミングがある言わなくても良い時に言うなんて馬鹿だね」
  • Jさんの感想「位牌のことまで口出していたね」
  • Kさんの感想「あの人の話は、数分で済む話が半日以上かかる」
  • Lさんの感想「何でも出しゃばって、仕切りたがるね」
  • Mさんの感想「数字や地名をやたら覚えてて口にするよね。知ったかぶりが鼻につくよね」

ご霊前

身内は、故人を静かに送り供養してやりたい、それだけなんですよね。あとから、いろいろな方にお話を伺ったら葬式で張り切る夫婦、どこにでも登場してかき回すことで有名みたいです。私などは、人のうちで不幸があったとしても、散らかっていたとしても何も思わないですけどね。宗旨宗派でもいろいろ違うと思うし、何しろ違いもよくわからないぐらいですから。笑。

西ちゃん
「あなたが恥をかかないように私が教えてあげる」って言われたので私のお世話を焼いてくださっているのだと思います。次回は毅然と「家族で静かに見送りさせてください」と言うつもりです。私、負けず嫌いなので言われれば言われるほど燃えるタイプです。先祖代々の位牌も作り直すことにしましたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました