時間と労力がかかるリフォーム前のお片付け♪

キッチンリフォーム前の大仕事
キッチンリフォーム前の大仕事

台所をリフォームすると決めたものの収束しない新型コロナウィルス。イタリアや北京ではゴーストタウン化が進み深刻な状況となっているようです。対岸の火事ではなくなったコロナウィルス。中国の工場が封鎖されると日本の企業も大きな影響を受けます。

というわけで、リフォームすると決めたのは良いもののいつ開始できるか?まったく読めない状況です。早く収束してほしいです。コロナの治療薬も早く開発されると良いですよね。

リフォーム前のお片付け

まだリフォームの詳細も日時も決まっていないのに早々と片付けをはじめているのは、私は片付けにすごく時間がかかる人だからです。当たり前ですがリフォーム前のお片付けは、自分のしごとです。

普段使いの鍋とボウル
普段使いの鍋とボウル

先日大工さんと業者さんが台所に入られたとき、システムキッチンの中を普段使っている鍋以外、間仕切り棚に移動させました。リフォームが始まる前に鍋を移動させるだけで良いから楽ちんのはずでした。

リフォーム前は時間も労力も必要

システムキッチンの中の物は少なかったので、移動もすぐ終わると思ったら大間違いで不用品を処分したり、一旦洗い直して片付けるのに数時間かかりました。間仕切り棚に移動させてヤレヤレと思っていたのもつかの間、大工さんの話によると、クッションフロアを敷くときに間仕切り棚も移動させるかもしれないから、リフォーム前は、間仕切り棚もカラにしておいて!とのことでした。他にも食器棚もカラにして移動しておかなければいけないようです。

ってカラにする作業って意外と大変です。間仕切り棚も食器棚もカラにするの??と大慌てで台所の押入れに移動作業をはじめています。

キッチンリフォーム前の大仕事
キッチンリフォーム前の大仕事

うちは、大きな台所用の押入れがあるので食器やストック品の一時置きができるのにそれでも大変たと思ったぐらいですから。リフォーム前は、物を一時置きの倉庫などに移動させるのが何より大変だと痛感しました。うちの移動距離は、短いですが食器やストック品の仮置き作業に辟易としました。

キッチンが新しくなったら、また戻すという作業をしなければいけません。

残す食器、処分したい食器を分ける作業

ずっと押入れの食器を見直さないと。と思いながら処分できずにいました。まだ処分できていません。処分したい食器多すぎます。これらは、嫁いだときから家にあった上等な食器。嫁の一存では捨てにくい食器たちです。お正月や大晦日しか使わなかった食器。死んだ婆さんが「捨てちゃだめ」と化けてでてきそうです。笑。

処分する食器、残す食器
処分する食器、残す食器

処分したら、罰があたりそうです。いかにも昭和な古い食器たち。でも私が作る料理には絶対に合わない食器です。旦那に捨てさせようか、私が勝手に捨てようか、子供の代で捨ててもらうか悩むところです。とりあえず「処分」の張り紙をしたので見つけた誰かが処分することを期待します。

家に代々伝わる食器は捨てにくい

古い食器を処分したい
古い食器を処分したい

家に代々伝わる食器は、捨てにくいものです~~ホント。あったらあったで使わないのでスペースを取るだけなんですね。こういうのは残されても非常に困ります。自分の母親からもらった物なら思い出と一緒に取っておきたいのですが義母なので、そのあたりどうでも良くて。でも爺さんや旦那には思い入れがあると思うとなかなか捨てれないものなんですよね。

家にあった古いご飯茶碗も半年かけて処分しました。

食器の断捨離
2019年7月→2020年2月食器の断捨離

自分が買ったものではなく家にある食器。それはそれで処分しにくいですし後の世代に残すものどうかなと思います。自分の趣味でもない食器が大量にあると負のオーラ全開です。(言い過ぎ?)ケース6つのうち2つは処分できたので残りケース4つとなりました。リフォーム前の不燃ごみ回収日に何度かに分けて処分できるようがんばります。ご飯茶碗処分シリーズ(2回目)ご飯茶碗処分シリーズ(3回目)w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA