イラスト描きで腰痛悪化、前かがみ姿勢でも疲れにくい椅子を徹底調査

こんにちは!パソコンで絵を描くようになったら、腰が崩壊気味の西ちゃん(プロフィールはコチラ)です。

腰痛の原因は、長時間のパソコン、イラスト描きをしていたら無意識に前かがみになっており耐えられないくらい痛みになってしまいました。

西ちゃん

前かがみでイラストを描いていたら、腰が崩壊したぁ~。

イラスト制作で腰に負担がかかりにくい椅子

イラスト制作をしていると前かがみになりませんか?

線画や色塗りに夢中になると前傾姿勢になるようで腰痛が悪化しヤバい状態になってしまいました。パソコンに向かってイラスト描きをするのが原因だと分かっていたため「耐えられぬ腰痛を治すには椅子を変えるしかない」との思いにかられていました。

長時間パソコンに向かっているせいかワークチェアのクッションも潰れていたけど、私の腰も崩壊寸前でした。当時の私は

お尻や腰の痛みが治るなら・・多少高くてもやむなし!

そう思っていたのです。

ネットで高評価だった椅子を調べてみる

実際 私が買った椅子は→オカムラ バロンチェア。当時は、バロンのバの字も知らなかったもののネットで高評価だった椅子を調べまくっていなかったら、バロンチェアにたどりつけなかったと思います。

西ちゃん

エルゴトロンのモニターアーム【使用歴半年】リアルフォースのキーボード【使用歴3年】EIZOディスプレイ【使用歴10年】とともに、迷ったけれど買って良かったランキングでダントツ1位がバロンチェアです→【使用歴3ヶ月】

  1. 腰に負担がかからない椅子
  2. 前かがみになっても身体が疲れにくい椅子
  3. 正しい姿勢をキープできる椅子

(1)ハーマンミラー(HermanMiller)アーロンチェア

人間工学(エルゴノミクス)に基づき設計された最高級最上級の椅子。ハーマンミラー(HermanMiller)アーロンチェアは、別名成功者のイスと呼ばれています。本体重量20キロ値段21万円保証期間2年間

西ちゃん

10年以上座ってもヘタレ無いのは魅力的。

価格が高く期待感が大きいのか値段のわりに「疲れる」「座りにくい」「ステマ」という声も。1~2万円の椅子ばかり選んでいた私が、Herman Millerのアーロンチェアの前傾チルトには魅力を感じましたが値段が高いため断念しました。

(2)オカムラ オフィスチェア コンテッサ セコンダ Contessa Ⅱ

上で紹介したハーマン・ミラーのアーロンチェアを比較されるのが、オカムラコンテッサ セコンダ Contessa Ⅱ。アーロンチェアと比べると色も豊富でカラバリが楽しめるので女性にも人気が高いんですね。

西ちゃん

オカムラのワークチェアの最高峰といえば、コンテッサセコンダ(Contessa Seconda)高級車を思わせる流線型のアルミフレーム。調整は、座ったままで行えますが、値段は20万以上!ハーマン・ミラーのアーロンチェアを買うか、コンテッサセコンダにするか悩む人も多いみたい。

流麗な美しいフレームラインも魅力的でコンテッサセコンダは、オカムラのワークチェアの中では最高中最上級の椅子。値段が高いため中古で買い求める人も多いのもうなずけます。

ハーマン・ミラーの椅子との違いはオカムラは日本製で日本人の体型に合うように作られている点。

本体重量30キロ値段20万円保証期間3年間

西ちゃん

コンテッサセコンダの魅力は、座メッシュの透け感なんだよね・・

西ちゃん

数年で座面がヘタる安い椅子ばかり選んできたけれど強靭な座メッシュは魅力的。ただ冷え性なのでメッシュは止めておきます。あと、コンテッサセコンダの値段には太刀打ちできないな・・

コンテッサセコンダは、フレームがカッコイイ♪こんなのに座ったら仕事がぐんぐんはかどりそう!!

(3)エルゴヒューマンエルゴヒューマンプロ

ゲーマーに人気の椅子といえばオットマン内蔵のエルゴヒューマンプロ(ergohuman PRO OTTOMAN)座面クッションは疲れにくく型崩れしにくいモードウレタン使用。ヘッドレストアームレスト調整可能本体重量30.8キロ値段11万円保証期間5年間

オットマンは脚を乗せる台のこと。椅子全体が大きいので小柄な人や女性には不向きという声も・・

西ちゃん

エルゴヒューマンプロは、ゲーミングチェアとして知られています。ゲーム目的ではないのでエルゴヒューマンは候補から外しましたよ。

カラーバリエーションも豊富でハーマン・ミラーのアーロンチェアやオカムラのコンテッサセコンダと比べると安く(といっても10万円近くするw)コスパは良い椅子といえます。

(4)ハーマンミラー(HermanMiller)セイルチェア

ハーマンミラー(HermanMiller)セイルチェアは、アーロンチェアの半値近くで購入できます。(といっても10万円近いw)

・・ガス圧式、リクライニング調整あり、前傾機能無しアームありorアームレス(無し)本体重量20キロ値段9万円保証期間2年間

西ちゃん

アーロンが買えなくてもセイルチェアなら手が出せそう!レビュー評価も高いですし。

アーロンチェアとセイルチェアの大きな違いは値段、アーロンチェアは自分仕様に調整できるのに対して、動きに制限がある感は否めません。絵を描く人には必須の前傾機能がついてないのが残念ポイント。

(5)オカムラ オフィスチェア シルフィー(Sylphy)

オカムラ オフィスチェア シルフィー(Sylphy)カラーバリエーションが豊富でフレームラインがキレイな椅子。アームは、固定と可動式、肘なしが選べる。本体重量20キロ値段8万円弱保証期間3年間

西ちゃん

コスパが良く人気が高いのがシルフイー(Sylphy)です。

オカムラのワークチェアの中でも小柄な人や女性に人気が高いのがシルフイー(Sylphy)10万円以下で買えるのも魅力的。10万円以下といっても1~2万円の椅子に座っていた私には十分高級椅子の域ですけど。

西ちゃん

オカムラのワークチェアでは、15万円台でサブリナ(Sabrina)やバロン(Baron)も人気だよ。

体型に合う椅子を選ぶ

最初はHerman Millerの「成功者の椅子」の購入を目論んでいたもの自分の体型や体格に合う椅子を探すよう方針を変えましたよ。

田舎なので試座ができないから、あらゆるレビューを探しまわり身長150センチ前後の人が座っている椅子を探し当て・・(執念かw)小柄で背が低い私の体格に合う椅子が私にとっては良い椅子なのです。

椅子選びで失敗も後悔も したくない

とにかく高い買い物になるので、椅子選びで失敗や後悔をしたくないと考えていました。たとえ1~2万円でも慎重に選ぶのに8万円の買い物となったら何時間迷うんだ??って話。笑。15万~20万だったら、清水の舞台から飛び降りた級の買い物ですもん。

買うなら長く使えるものを選びたい!思いはそれだけでした。

イラストレーターでも漫画家でも無い素人だからこそ上手く描きたくて絵描きに没頭する私。前傾姿勢で腰痛が悪化すると全身が崩壊する感じがしました。

西ちゃん

前かがみ姿勢で痛くて腰が砕ける。これ以上腰痛を悪化させないために、自分に合う椅子を選ばなきゃな。

どんなに高い椅子を買っても姿勢が悪ければ腰に負担がかかります。でも自分の体型体格に合った椅子に座ることで全身状態はとても良くなります。

座り方の癖を見直す

私は、比較的正しい姿勢で座っていますが腰や背中が痛くなるとワークチェア(イス)の上で正座やあぐらをかいています。またイラストを描くときは無意識で前傾姿勢になっていました。普通に座っているつもりだったのに癖が強い座り方をしていたようです。

しかし前傾姿勢(前かがみ)は、立ち姿勢の2倍もの負荷がかかるようなのです。

背が低くて小柄だと足がプラプラする

私の身長は、150センチと普通より低いため普通に座ると足がプラプラします。座面をめいっぱい下げても足が安定しないのです。足が安定しないからなのか正座やあぐらの癖が出てしまいます。最近は、座面を高くしてステップ台を足置きにしていますが・・自分に合うワークチェア(イス)を見つけにくいと痛感しています。

座り心地が悪いと作業効率が下がる

座り心地の悪い椅子は、集中が途切れる原因になるし作業効率を下げることになります。今まで安物のワークチェア(イス)を買って、2年ぐらいで座り心地が悪くなり買い直していましたよ

西ちゃん

安物の椅子を買って2年置きに買い換えるぐらいなら自分にあった椅子を買って長く使い続けたい!と思うようになりましたよ。

効果的な腰痛予防策

コロナ禍で長時間パソコンに向かうため腰痛が悪化したので、腰痛予防策として、以下を実践していました。

  1. 運動・・ウォーキングで腹筋や背筋を鍛えると腰痛が改善する
  2. ストレッチ・・両腕を伸ばし壁にペタンと体をくっつけるストレッチ→【壁ペタ背中反らしストレッチ】が効果的!詳しくは、佐藤義人先生の【まるい背中は縮めて伸ばす!  魔法のねこ背ストレッチ】を読んでみて!
西ちゃん

40代のときはウォーキングで腰痛を改善できたのに、50代になったら、ウォーキングやストレッチをプラスしても腰が痛い!足(ふくらはぎ)の むくみまで気になります。

反り腰もお腹もぽっこりの原因

剣道をやってるせいか背筋をピンと伸ばして立ったり座っています。猫背の逆で「反り腰」になっていたようなんですね。反り腰は、ぽっこりお腹の元凶。椅子の上での正座する悪い癖もこの際直したい~~ぽっこりお腹もなんとかしなきゃいけませんし。

西ちゃん

自分に合わないイスは、疲れやすく座り姿勢も崩れがち、腰痛も酷いし、お腹もぽっこりよ。(切実)→もはやぽっこりお腹も椅子のせいになってるw

パソコン環境を整える

パソコンに向かうのは1日7~8時間の私。パソコン環境を整えると、作業効率は上がります。しかし費用がかかるのがネックです。

西ちゃん

値段が高いのよね・・もう少し稼げるようになってから買おうと思ったけど腰がヤバい、崩壊寸前なんです・・

キーボードをRealforceに変えたときもマウスをトラックボールマウスに替えたときもリストレスト(ウッドパームレスト)を導入したときも、使えるのに捨てることに気が引けましたが結果取り入れて良かったと思ってしますし。

エルゴトロンのモニターアームも「どうしようバチ当たりそう(こんな高いの買って)」と思ったけれど、「買って良かった!」「もっと早く買えば良かった」って思った私。椅子もそうであって欲しい→実際オカムラバロンチェアを購入したら、やっぱり買って良かった!と思いましたもん。

1日に何時間も座るなら、まずは椅子選び

1日に何時間もパソコンの前にいるので、椅子選びは重要。メーカーはオカムラ予算は、8万円~15万円と決めましたが、シルフィーとバロンで悩んでいるので、1記事追加します。

今まで安い椅子を座っていた私にとってシルフィーもバロンも相当高額な椅子を選ぶことに違いはありませんが腰痛から開放されたい一心でした。

西ちゃん

イラスト制作をして前かがみになっても腰への負担が少ない椅子を選ぶつもり。

オカムラ バロンチェア、シルフィーのどちらが良いかリサーチします

オカムラバロンチェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA