初七日、四十九日法要の祭壇の飾り方(備忘録)

祭壇

3年前の葬儀では、初七日四十九日法要のときは、祭壇は各家庭で祭壇用のテーブルが必要でした。葬儀会社の人に「大きすぎる」「小さすぎる」と言われ標準サイズを教えてくれ、と思ったものですす。家でもミニテーブルとテーブルを大小買い足しました。各家庭で机のサイズにバラつきがあるため葬儀会社で用意してくださっていました。

初七日までの祭壇飾り

3年の間に組み立て式の祭壇が登場したのです。便利で画期的です。木製ですが私一人でも持てるぐらい軽いものでした。葬儀会社の人が数分で組み立ててくださいました。JA葬祭ではダンボール式の祭壇を準備するようですが、便利なものですね。初七日から四十九日法要まで祭壇は大活躍です。

祭壇

祭壇サイズに合わせて上に被せる白い布も用意されていました。家では白い布も買って用意していましたが今後も組み立て祭壇があれば永久に使うことはないのでサクッと断捨離しました。

祭壇

初七日までの飾り付けです。お花は気温が高いので枯れやすいので手入れが必要です。お花が長持ちする魔法の水なんだそうですが茎が枯れるとニオイが出ますよね。葬儀の翌々日の写真です。

祭壇

初七日は、近所の人が線香をあげにきてくださいます。花を長持ちさせるために花が長持ちする液体アイメディア(Aimedia) 切り花 栄養剤(お花が長生きする栄養剤 )も用意してみました。

アイメディア(Aimedia) 切り花 栄養剤 クリア 300ml お花が長生きする栄養剤

気がつくと、我が家のあちこちにアイメディアの商品があります。アイメディアは日用生活雑貨の販売をしている広島の会社です。先日もモコモコしたマイクロファイバーのバスマットを購入しましたが安いのに乾きやすくてとても良いのです。

祭壇

四十九日法要の祭壇飾り

四十九日法要の前日に葬儀会社の人が来てくださり飾り付けてくださいました。私は、いろいろ忘れると困るのでお花や花瓶、団子、お餅の注文も全部葬儀会社の人にお願いしました。

亡くなってから初七日法要までは、同じ花を飾っておけば良いのですが今年の5月6月7月暑すぎまして、四十九日法要まで花が持ちません。真冬だと1ヶ月ぐらい花が持つんですけどね。花は持たないので新しく買い足しました。花瓶は、葬儀会社でお借りしたものです。割高になるのかもしれませんが、こういうのは借りるに限ります。果物が乗っているお盆も葬儀会社で借りたものです。餅や団子が乗っているお盆も借り物です。でも私、お盆も買い足しているので何に使おうか思案中です。3年前と比べると各家庭で用意するものはほとんど無いことが判明しました。

四十九日法要

四十九日餅

四十九日法要では、四十九日餅と団子を用意します。お団子の数は、美味しいので150個注文しています、お餅の数は四十九個。一番上に大きなお餅がのっています。餅や団子は、法要が終わると来てくださった方にお配りすることになっています。当日切れない包丁で餅を切り分けなければいけないので結構バタバタです。

祭壇

お寺様のお給仕セットを2つ、星月菩提樹のお数珠松栄堂、芳輪 堀川のお香

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

9人家族の嫁!掃除が死ぬほど苦手でした。片付けても散らかる汚部屋に住んでいましたが家族の葬儀(遺品整理)を経験し人生の終わりをスッキリさせたいと思うようになりました。溢れる物たちとの断捨離の記録です。